【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】

皆さんこんにちは。
今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。
昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。)
となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書いているのかなと見てみると、投稿者も心なしか男性スタッフが多いように感じます。
本当に不思議なものです。

Batis 25mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応

“形”を取り上げるテーマとして、光と影の濃淡で表現できるモノクロ撮影で街に繰り出しました。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)

百貨店の壁面に生まれた陰影が印象的だった一枚。
三角がたくさんです。

フジノン XF50mm F2 R WR ブラック

明と暗で間合いを感じる。
窓も、照明も主役です。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)

升。四角が重なり三角がちらほら。
丁度斜光の助けも借りて陰で三角を作ります。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)

ふすまのパターン模様

フジノン XF50mm F2 R WR ブラック

シャッターが閉じた店先で。
店から漏れる明かりが影を生みます。

ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

机と椅子。丸と丸です。

色の情報をなくし白と黒だけで見据える事で、より多くの様々な形が見えてきます。
これがミラーレス一眼であればモノクロモードする事で最初からある程度の仕上がりを想像する事が出来るので
色に惑わされる事なく撮影に専念できるのがポイントです。
あなたも”カタチ”探してみませんか?





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY | 掲載日時:20年01月21日 11時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP