StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】あなたにだけは伝えたい。ーPowershot G1Xの魅力ー

【Canon】あなたにだけは伝えたい。ーPowershot G1Xの魅力ー

時は2012年。

Canonが、1台のハイエンドコンパクトデジタルカメラを発売しました。

その名はPowerShot G1X。1.5型という大きなCMOSセンサーにバリアングル液晶、光学ファインダーを備えた妥協のないフラグシップ機でした。

しかし巷では最短撮影距離の長さが取り上げられる事が多く、「寄れないコンデジ」というイメージしかない方もいらっしゃるかもしれません。

残念ながら確かに近接撮影は苦手です。テーブルフォトはかなり苦しいし、ミニチュア品の撮影はトリミング前提にしないといけません。花に寄って背景をぼかすのも難しい。

しかしながら、それでもこのカメラを使う理由があります。

ぜひ、お話させてください。

 

 

まずは基本スペックから。

センサーサイズは1.5型。寸法にすると18.7×14mmです。これはマイクロフォーサーズ機より大きく、APS-Cに迫るサイズです。

画素数が約1430万と控えめな事もあり、2021年現在でも通用する高感度画質を実現しています。

ISO800

若干のザラザラ感はあるものの、赤青緑の色ノイズはほぼ出ません。そのおかげでとてもクリーンな印象です。

フィルム写真の粒子感を彷彿とさせる、品のあるノイズ感と言えるでしょう。

同時期のEOSシリーズも使用していますが、色ノイズはPowershot G1Xの方が少ない事に驚きました。

 

 

搭載レンズは15.1-60.4mm f2.8-5.8。35mm判換算で28-112mmとなります。

旅行でも安心のズームレンジであり、Canonの誇る標準ズームレンズEF24-105mm F4L IS II USMより望遠側に少しだけ余裕があります。(逆に広角側は4mm程狭いですが…)

28mm相当

バリアングル液晶を使用し地面からグワッと煽るのも良し

 

112mm相当

富士山をズームアップするのも良し

 

旅先のケーキやグルメ撮影はお手軽なスマホに任せ、景色や街並みをガンガン撮るスタイルがオススメです。

 

旅行と言えば気になる電池持ちについても一言。

特段減りが早いという事はありませんが、バッテリー残量表示が点滅(そろそろ切れそうのサイン)してから結構粘る感じなので、早めに充電するタイプの方だと「あれ?もう残量が1だ」と感じるかもしれません。

USB充電はできませんので、不安な方はチャージャーを持っていきましょう。

 

 

さて、次はこの機種最大の特徴ともいえる、「ズーム連動光学ファインダー」についてです。

小さな素通しファインダーの為、情報表示等は一切ありません。

シャッター半押しでピントが合っているかも、ファインダーの右側にある小さなランプが緑色に光るかどうかで判断します。

「ズームに応じて画角が変わり、写る範囲が何となくわかるくらいのもの」と思われがちですが、それがこのカメラに他にはない楽しみを与えてくれるのです。

それはレンジファインダー機の様な感覚で使えるという事。どういうことかと言いますと、

・レンズとファインダーが離れている為、パララックス視差があるところ。

・ブライトフレームこそ無いが、写る範囲が「何となくわかる」のは共通というところ。

これにより、普段自分が撮らない構図の写真に出会えるのです。

たとえばこの写真。(お墓ではありません)

左下の階段は、ファインダー内では見切れていました。しかしながら実際の写真ではバッチリ写っております。

この後ディスプレイを使用し、階段が入らない構図も撮りましたが、何かが違う。うまく言えませんが、整理され過ぎている様に感じたのです。

結局上の写真を残しました。

 

この門はもう少し左右に余裕をもたせ、空を入れようと思っていました。

しかしファインダーで撮った方が圧迫感があり、結果的に堂々とした威圧感のある写真となりました。中に住む民草を守る城門のイメージにぴったりです。

勿論全部が全部ではありませんが、かなりの確率で新鮮な感動が味わえます。

フィルムカメラの「現像するまでどう撮れているか解らないワクワク感」にも似ているかもしれません。

これもお気に入りの写真。巨大な道路と小さな車の対比が表現できました。

構えている時には上の街灯を端っこギリギリにフレーミングしたのですが、結果はご覧の通り。

上部に空間が生まれたため、逆に暑苦しくない雰囲気に撮れました。

ファインダーで撮影する時には、AFフレームを「アクティブ」にし位置を中央にしておきましょう。

そうすることで中央一点スポットAFのように使えます。

画面内のピントを合わせたいところを中央に捉え、合焦させてAFロック。緑色のランプが付いていることを確認し、カメラを振って構図を作る…。古き良き一眼レフを思い出す撮影手順ですが、これもまた面白いものです。

(まれにAFロックしているにもかかわらず再測距しだす事もありますが、それはご愛嬌!)

 

 

さて、いかがでしょうか。

ディスプレイの表示が荒い事や白トビのしやすさ等、年代なりの欠点もあります。

しかし後継機のPowerShot G1X Mark IIやPowerShot G1X Mark IIIとは違う、オンリーワンの魅力を備えた旅カメラであることは間違いありません。

至高のハイエンド、PowerShot G1Xは色褪せない。

程度の良い中古商品に出会えたら、是非検討してみてください。

 

 ↓こちらは後継機のPowerShot G1X Mark IIIです。センサーサイズはさらに大型化し、より高画質に。

↓中古商品も見逃せません。

[ Category:etc. | 掲載日時:21年11月18日 11時09分 ]

 
マップカメラのおすすめイベント

指定商品にお買い替えなら買取見積額最大15%up! スピーカープレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP