StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】 R STYLE ~ドロップインフィルター マウントアダプター EF-EOS R ドロップイン 可変式NDフィルター A付~

【Canon】 R STYLE ~ドロップインフィルター マウントアダプター EF-EOS R ドロップイン 可変式NDフィルター A付~

・カメラは装着できるレンズが決まっている。

写真を撮る時に必要になるのがカメラボディとレンズ。
レンズ交換式カメラの場合、レンズがなければ写真を撮ることができません。

カメラによって装着することができるレンズは決まっています。
フランジバックなど他にも要素は色々ありますが、まずはマウントについて。

マウントはレンズ固定部のことを言い、それぞれのカメラはこの取り付け部の径が決まっています。
そのため、同じマウントのものでなければ装着することが出来ないのです

しかし、特定のレンズを使いたいという時、持っているレンズを使い回したい時などが生じてくるかもしれません。
その時に、活躍してくれるのが”マウントアダプター“なのです。

今回ご紹介するのは、EF-EOSRマウントアダプターシリーズ。

EFマウント(Canonの一眼レフカメラ用マウント)のレンズを
RFマウント(Canonのフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ用マウント)のボディに
装着するためのものでCanonから4種類出ております。

【Canon】 R STYLE ~マウントアダプター EF-EOS R~
【Canon】 R STYLE ~コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R~
【Canon】 R STYLE ~ドロップインフィルター マウントアダプター EF-EOS R ドロップイン 円偏光フィルター A付~
【Canon】 R STYLE ~ドロップインフィルター マウントアダプター EF-EOS R ドロップイン 可変式NDフィルター A付~ ←本記事

【Canon】 R STYLE ~他社製品 EOS Rシリーズとの互換性~ ←coming soon

この記事では「マウントアダプター EF-EOS R ドロップイン 可変式NDフィルター A付」をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------------

 

4本目のマウントアダプターは、レンズ装着部分とボディ装着部分の中間に可変NDフィルターがドロップインされているマウントアダプター EF-EOS R ドロップイン可変式NDフィルター A付です。

ND3~ND500相当の濃度調整が可能な可変式NDフィルターを同梱したマウントアダプターです。

NDフィルターとは、どういう物なのかというのは下記の記事を参考にしてみてください。
動画撮影と可変式NDフィルター(MARUMI CREATION VARI ND)
【新製品】最高画質のNDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」を使ってみました!

一般的なNDフィルターは、レンズの前側に装着して使用し、フィルターごとに減光できる段数が決まっています。
そのため、一つの径でも段数の異なるものを複数用意したり、異なる口径のレンズを使用するならばその分フィルターが増えたりしていきます。
また、前玉が大きく飛び出しているいわゆる出目金レンズには装着できない等、機動力に劣る部分や制限があることが多々あります。

ところが、このマウントアダプターを使用することですべての悩みが解消されるのです。
まず可変式のため減光の加減をND3~ND500相当の範囲で調節できます。
そして、レンズの前側ではなくマウントアダプターに内蔵されているため、レンズの付け外しの度にフィルターを付け替えたりすることなく、NDフィルターの効果が得られます。
同様にレンズの形状によらないので、出目金レンズでも問題なくNDフィルターの機能を使用することができるのです。

アダプターについているダイヤルを回すことで中のフィルターが回転し、減光具合を調節することができます(矢印の部分を回す)。

ドロップインフィルターなので操作は円偏光フィルターと同様です。
また、別売のドロップインクリアフィルターAを使用することで通常のマウントアダプターとしても活用することができます。

普段はノーマルフィルターとして使用し、必要な場面で中のフィルターだけを交換する。
この運用方法であればいままでいくつも持ち歩いていたフィルターはもう不要になってしまうのです。

筆者はケースバイケースですが、基本的に水の流れを絹のようになめらかに表現することが好みなので水場に行くときにはNDフィルターが欠かせません。

一見荒々しく流れる川でも、長秒撮影することで角のとれた優しい雰囲気にすることができます。

水の流れがまるで、絹や中国お菓子の龍鬚糖のよう。

NDフィルターを使うことで無理な絞り込みをしなくてよいので回析現象が起きません。
また、ダイヤルを調整するだけで幅広く調整ができるのでボケを活かした撮影も可能です。

水の流れの表現だけでなく、長秒撮影をされる方にとってはなくてはならないものではないでしょうか。
また、減光フィルターとして、明るすぎる太陽の光や花火の光を白飛びさせない目的で使用するケースなど様々なシーンであると嬉しいフィルターだと感じます。

そして屋外で動画を撮られている方にとってもNDフィルターは必需品なのではないでしょうか。
先述した動画と可変NDの記事でもご紹介していますが、NDフィルターが無ければ適切な露出を得ることが出来ないからです。
屋外だと日照の強さは刻々と変化していくので、それに合わせてフィルターを交換しなければいけないのはとても大変です。
ところがこのマウントアダプターを介すことでその煩わしさもなくなり、撮影に集中することができます。

いかがだったでしょうか。
マウントアダプターと可変式NDフィルターが一体となった「マウントアダプター EF-EOS R ドロップイン 可変式NDフィルター A付」。
動画を撮影される方や屋外で風景写真を撮られる方、レンズ交換を多くされる方や出目金レンズを使用される方等々、幅広くおすすめさせていただきたい一品となっております。

仕様
・前側マウント仕様
キヤノン EF マウント(EFレンズを装着)
・後側マウント仕様
キヤノン RF マウント
・使用可能レンズ
EFレンズシリーズ(EF-M レンズ、CN-E レンズ[EF シネマレンズ]は除く)
・本体寸法
φ73.2×24.7mm
・質量
約121g(本体のみ)
・防塵/防滴
対応
・三脚座
なし
・同梱フィルター
可変式NDフィルター A


[ Category:Canon | 掲載日時:20年10月09日 20時15分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP