StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【FUJIFILM】付けたらどうなる?GFX+???~Konica Hexanonレンズ編~

前回筆者の気になるレンズとしてM-Hexanon 21-35mm F3.4-4を紹介しました。

今回もその流れで気になった新旧HexanonレンズをGFXに装着して検証してみます。

お約束…になりますがGFXとMレンズアダプターの使用についてはフルイメージサークルでの写りは

メーカーは保証していません。自己責任となりますので、ご留意ください!

1本目はHexanon L50mm F1.9。小西六時代の名玉。スクリューマウントの為LM変換リングを使用して装着しています。

無限遠側・開放撮影。ケラレはあるものの、なかなか良い結果。

近接側・開放撮影。

柔らかくも見えますが、ピントの芯はしっかり立っています。

1950年代のレンズになるとは思いますが、この描写力は驚きの一言。同じ時代にはライカのズミクロン50mmが

あり、日本のメーカーも対抗するべく設計も気合の入ったものが多くHexanonも同様の気概を感じます。

続いてHexanon L50mm F2.4。無限遠側・開放撮影。

こちらもケラレは少なめです。F1.9と同じくLM変換リングを装着しての撮影。

近接側・開放撮影。

こちらは97年に限定生産されたものです。沈胴式のレンズで年代から見ると珍しい1本。

カラーバランスも良好で開放からしっかり写ります。詳しくはこちらをご覧ください!

3本目はM-Hexanon 50mm F2。無限遠側・開放撮影

先述のLマウントのHexanon 50mmと比べるとケラレが大きくなっています。

近接側・開放撮影。

ピントの立ちが鋭く、GFXのファインダーで見ても視認性が高い描写。コントラストも高くスッキリしています。全体的な写りの傾向としては最初に検証した50mm F1.9や2.4と少し似ている気も。

M-Hexanonレンズはkonicaから発売されたHEXAR RF対応レンズ。

Mマウント互換なのでライカM型でも使用可能です。99年に発売したもので設計も比較的新しく使いやすい一本。

最後は望遠のM-Hexanon 90mm F2.8。無限遠側・開放撮影。

50mmに比べケラレは若干改善されています。

近接側・開放撮影。

こちらもM-Hexanon 50mm F2と同様にHEXAR RF用に発売されました。

発売も99年と傾向が50mmと似ています。描写の統一感が感じられ、システムとして揃えるとプリント等の時に大きな違和感がなく

使いやすいシリーズです。今回お店に無かったので検証はできませんでしたが、M-Hexanon 35mm F2や28mm F2.8も人気のレンズ。

お店にも特に35mmは入荷が少なくお問い合わせを受ける事も多いレンズです。他にもLマウントの35mmである

UC-Hexanon35mm F2やHEXAR RFのLimitedとセットで販売された50mm F1.2等、限定モデルが多いのも特徴。

こちらは検証可能な時に、見てみたいと思っています。次回もご期待下さい!

[ Category:etc. FUJIFILM | 掲載日時:20年08月15日 18時51分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP