StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Leica】新製品 ライカ M10-R オンラインプレス発表会 (後編)

【Leica】新製品 ライカ M10-R オンラインプレス発表会 (後編)

7月17日(金曜日) 15時。Join us for the unveiling of the next M10 family member!

『新製品 ライカ M10-R オンラインプレス発表会』がライカカメラジャパン株式会社主催で行われました。今回はその発表会の模様を「前編」「後編」の2回に分けてご紹介いたします。

 

「前編」

・オープニングVTR

・ライカカメラ社 社主アンドレアス・カウフマン氏によるご挨拶

・ステファン・ダニエル氏による製品開発者プレゼンテーション(前編)

 

「後編」
・ステファン・ダニエル氏による製品開発者プレゼンテーション(後編)

・製品開発者 Q&A

・写真家 若木 信吾氏によるゲストトークショー

以上の内容でご紹介して参ります。

 

【ステファン・ダニエル氏による製品開発者プレゼンテーション(後編)】

製品紹介の次は、実際に『ライカ M10-R』にて撮影された写真が公開されました。使用レンズはMマウントレンズの中でも指折りの解像力を誇る『アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.』と『ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。拡大画像で確認すると驚くほどの解像感です。

 

続いてはライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏から、M型ライカとライカレンズについての解説です。

「ライカレンズの設計は必要最小限のレンズ構成で最高の性能を発揮できるように取り組んでいます」

 

『ライカ M10-R』のスペック比較やアクセサリーの紹介も。M10シリーズ共通のボディを使用していることもあり、アクセサリー類は互換性があります。

 

【製品開発者 Q&A】

ライブ配信が行われた動画サイトより直接メールで質問を送ることができ、ステファン・ダニエル氏とライカカメラ社ドイツ本社・杢中 薫氏によるQ&Aも行われました。

 

Q:『ライカ M10-R』の“R”とは、どのような意味なのでしょうか?
A:これは特に公式では記されていないのですが、“Resolution(解像力)”の“R”と思っていただいていいと考えています。

 

Q:M型の高解像度モデルは市場からのリクエストがあったのでしょうか?
A:もちろんお客様からの声もあったのですが、我々としてもライカレンズの中には高い性能のレンズがありましたから、より高解像なモデルで活かしてもらいたいという企画がありました。それによってクロップなどを用いた写真の自由度が高まると考えています。

 

Q:ライカならではのクオリティを保ちながら4000万画素機を開発した苦労話などあればお聞かせください。
A:今回の40M高画素センサーを新たに用いたことで、常用ISO感度やダイナミックレンジにマイナスになるようなことはしたくありませんでした。そこで3つの大きな改善要素が入っています。まず1つ目は、センサーに使われているそれぞれピクセルの有効領域をいうのを広くしました。2つ目はセンサーの四隅でもレンズの光を取り込むことができるようにセンサー内部を設計してあることです。3つ目は、光電変換効率を10%上げることでダイナミックレンジやISO感度を犠牲にしない設計になっています。そして、イメージセンサーの中に増幅装置を用いることでより低ノイズな画質を実現しました。

 

Q:4000万画素になったことで、フォトグラファーにどのようなメリットがありますか?
A:より自由度が高まると考えています。例えば35mmレンズを使用して50mm相当にクロップしても画質と画像サイズを担保することができます。また低ノイズやダイナミックレンジも向上していますので、よりクオリティの高い作品作りに活かせると思います。

 

【写真家 若木 信吾氏によるゲストトークショー】

 

最後は写真家 若木 信吾氏によるゲストトークショー。仕事でM型ライカをメインに使用する若木氏は「使い勝手はフィルム機の頃から同じ使い方ができるのに、カメラの性能がどんどんパワーアップしている凄さ」「相棒と呼べる信頼性」など、『ライカ M10-R』はもちろんM型ライカの素晴らしさについて熱く語られていました。

 

いかがでしたでしょうか、『ライカ M10-R』はM型ライカとして初の高画素機になります。その性能は想像以上で、立体感と解像感に溢れた画を出してくれる機種になっています。

発売日は2020年7月24日(金)を予定しております。皆様のご予約をお待ちいたしております。

 

「前編」へ>>

[ Category:Leica | 掲載日時:20年07月20日 20時14分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP