【Nikon】速さを求める進化の型

N700S 使用機材:Nikon Z7 + AF-S 200-500mm F5.6E ED VR + マウントアダプター FTZ

2020年7月から営業運転を開始する東海道新幹線の新型車両「N700S」が試運転を行っているという情報を聞き、見に行ってきました。

東京駅に入線する「N700S」。従来の「N700A」から先頭部のデザインを見直し走行抵抗を軽減した他、モーターの改良でより省エネ化を実現。バッテリー自走システムを搭載することで、停電時などの非常時でも最寄り駅までの自走走行が可能になったといいます。

同じN700のシリーズということで一見、よく似ていますが、乗務員室の扉付近から前面にかけ青いラインが追加されるなど、違いを見つけることができました。

N700S 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S

側面にデザインされたN700Sのマーク。”S”は「最高の」を意味する「Superme」の頭文字をとったものとのこと。

N700S 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S

現行のN700Aと比べ、左右のエッジを立たせた形は「デュアルスプリームウィング形」と言うそうです。また、ヘッドライトにLEDが採用されライト部が少し大きくなっていました。

さて、新型車両が登場するということは、旧型車両がその役目を終了することも意味します。1999年にデビューした700系が一足早く2月末で引退となりました。

700系 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S

その先頭形状から「カモノハシ」の愛称で親しまれた700系(写真左)。よりスマートなデザインの現行車両N700A(写真右)の形状と比較すると時代の流れを感じます。

本来であれば、3月8日にラストランのイベントが開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となり、寂しいお別れとなりました。

写真は、記念のラッピング走行初日に撮影したもの。東京〜新大阪間を1往復して戻ってきた車両のラッピングは早くも剥がれかけており、高速走行による負荷がいかに大きいかが分かります。

700系 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S

空気抵抗の少ない側面のランピングは綺麗に残っていました。

列車の行先を示す方向幕も今後はすべてLED表示に統一されます。終着駅に到着後、表示を変更する際、様々な駅名が表示されるのが楽しかったのですが、この光景も見納めになってしまいました。

ドクターイエロー 使用機材:Nikon D5 + AF-S 180-400mm F4E TC1.4 FL ED VR

寂しい700系の引退ですが、700系をベースに作られたドクターイエローによる電気軌道総合試験は継続されるとのこと。

見ると幸せになれるとも言われた黄色い新幹線。より貴重になったその形状から、そのご利益がさらに増しそうです。

さて、新幹線はスピードアップのためその形状を大きく変えてきました。ストックフォトから少し振り返って見ることにします。

0系 使用機材:Nikon D300 + AF-S 80-200mm F2.8D ED

新幹線といったらこの形。とおっしゃる方も多いのではないでしょうか?

昭和39年の東海道新幹線開業時に開発された初代新幹線の0系。飛行機の範をとった丸みのある形状で、非常時に使用する連結器を収納するカバーから「団子鼻」とも呼ばれていました。

300系 使用機材:Nikon D700 + AF-S 70-200mm F2.8G ED VR II

1993年3月に「のぞみ」の運転を開始するにあたり、開発された300系。当時、最高時速220km/hだった東海道新幹線の最高速度を50km/hも引き上げ、3時間近くかかっていた東京~新大阪間を2時間30分に短縮しました。そのインパクトが強すぎて今でも「のぞみ」と聞くと300系を真っ先に思い出してしまいます。

500系 使用機材:Nikon D300 + TAMRON SP17-50mm F2.8 XR Di II LD Aspherical

500系は、最高速度を300km/hの大台に乗せた記念すべき車両。速さを追求したその形状に加え、白いボディに青いラインが基本カラーの東海道山陽新幹線の中で、異色を放つカラーリングが際立ってました。

改めてストックフォトを見返して見ると、当時はこんなカメラを使っていたんだ…と更に懐かしい気分になります。

フィルムカメラから始めた筆者にとって、カット数を気にせず撮れるデジタルカメラでは、これまで我慢していた高速連写を解放。自然とカメラにも速さを求めていたようです。

しかし徐々に重たい機材が辛い年齢に。さらに数年後ストックフォトを見返した時、どんな思いで写真を見ることになるのでしょうか。

L0系 使用機材:Nikon D5 + AF-S 24-70mm F2.8G ED

最後は次世代の新幹線、リニア中央新幹線。2013年から試験走行を行っていたL0系がその役目を終え、間も無く(2020年春予定)後継車両が登場予定です。どんなデザインで登場するのか楽しみです。

〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon | 掲載日時:20年03月22日 11時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP