StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】Zf とぶらり日光旅行

【Nikon】Zf とぶらり日光旅行

ふとした思い立ちでZfを相棒に栃木へ旅立ちました。
レンズはキットレンズの NIKKOR Z 40mm F2 (Special Edition)、NIKKOR Z 24-120mm F4 S の2本のみです。
浅草~日光・鬼怒川方面をむすぶ、2023年7月に登場した新型特急のスペーシアXに乗車して片道約2時間の小旅行です。

1日目は移動が多いこともあり小型軽量でよく写る NIKKOR Z 40mm F2 (Special Edition)をつけていました。列車の時間まで少し余裕があることもあり、浅草寺方面へ向かいたいところでしたが日曜日の人出は想像以上のものでした。昨今の事情からか特に外国人の姿が多くみられ、歩くのにも一苦労なほど。象徴的な雷門だけ撮影してすぐに昼食をとることにしました。

どのお店にしようか悩んでいたら10名以上の行列が開店を待つ場面を見かけ、なんとなくその列に加わってみました。昔ながらのカフェといった雰囲気で洋食メインです。
さっぱりしたものが食べたくて頼んだタコのサラダは梅ドレッシングの酸味とピンクペッパーの辛味がちょうどよく美味しかったです。 NIKKOR Z 40mm F2 (Special Edition) は最短撮影距離0.29m。クラシカルなボディに合うビジュアルはもちろんお気に入りのポイントですが、描写も素晴らしいものがあります。

乗車時間が近づいてきたため浅草駅へ向かいます。駅で軽く買い物をして列車に乗り込んだらあとは約2時間の道のり。
車窓からの風景を楽しんでいたらあっという間に鬼怒川温泉駅へ到着しました。

近所の学校の子どもたちの作品でしょうか、明るい黄色の手形が可愛くお出迎えしてくれました。

今回の旅では残念ながら乗る機会はなかったのですが、SL大樹の運行区間でもあるため駅前広場にSL転車台があります。一日に2~4回ほど見る機会があるようで、時間を案内する看板もありました。

駅前広場周辺のお店を見て回り、有名なバームクーヘンのカフェで一息ついたらそのまま徒歩で今回の旅の目的地のひとつ、鬼怒楯岩大吊橋へ向かいます。このつり橋は高さ37m、全長140mの歩道専用吊橋で、橋上からは大岩を縫うように流れる鬼怒川の急流や緑豊かな山々を眺めることができます。
紅葉の時期はもちろんですが新緑の山も素晴らしいものがありました。

2日目。ここからレンズを NIKKOR Z 24-120mm F4 Sに変更しています。
朝起きてすぐ、窓から撮影した山々です。一日目よりも更に曇り、霧が深くなっていたのでモノクロ撮影してみました。

泊まった宿の周辺を散策してみます。夜中に雨が降っていたようであちこちに雨の名残りがあります。
すぐそばを流れる鬼怒川を広角24mm側と望遠120mm側で撮影してみました。

思えば栃木へ訪れたのは小学校の修学旅行以来かもしれません。日光東照宮や華厳の滝など、そのまま訪れた先を巡ろうかと思いましたがあいにくの天気で断念しました。
とはいえせっかくなのでひとまず東照宮へは向かうことに。記憶を掘り返しつつ向かいましたが全くといっていいほど思い出せませんでした。小学生の頃より寺社や歴史に対する興味はありましたが、とにかく階段がきつかったです。

昼過ぎには10m先が見通せないほど霧が出てきました。
こちらの画像はモノクロ撮影ではありませんが霧が深すぎてまるでモノクロ撮影したかのようです。

お昼時、霧の向こうにお蕎麦屋さんを見かけたので昼食をとることに。肌寒かったので温かいお蕎麦を頂きました。
天候のせいか他にお客様の姿はなくゆっくりとした時間を過ごしました。

駅周辺にはお土産屋さんが固まっているので見て回るにも楽で、お土産選びが楽しいのはもちろんお店の作りを見るのも楽しい物があります。

行きとは違い、帰りは東武日光駅から。天候のこともあり当初の予定より早く帰宅することにしましたが、気付けば観光地巡りよりも温泉と宿の美味しい食事がメインになっていたので、今度は観光をメインに訪れたいと思います。

▼今回使用した機材はコチラ!▼
 
▼新品はインターネットからのお買い物で安心の2年保証付き!▼




▼中古品も1年保証付きで安心です!▼

[ Category:Nikon | 掲載日時:24年04月25日 12時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP