StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Nikon】Z fcで撮る春の新宿中央公園

カメラが好きな友人とともに、今回は春を探しに新宿中央公園を訪れました。
残念ながら快晴とはいきませんでしたが、桜の開花時期と重なった休日であったためかなりの人で賑わっていました。
持ち出したのはNikon  Z fc とレンズキットのZ 28mm F2.8
まず、今回は動画の撮影を行いましたのでご覧ください。

合わせて行ったスチル写真もここからご紹介します。

まずは桜から。
この日は気候がとても良くカメラを持ち出すには気持ちの良い1日であったのですが、冒頭でも記述した通り広がるのは曇り空。青い空にピンク色の桜…といった景色は見られませんでしたが、今年初めての桜に気持ちがあがります。

 

Z 28mm F2.8の最短撮影距離は19cm。手の届く低い位置に咲いていた桜に近づいてみました。今回のように植物に近づいてみたり、またテーブルフォトにも大活躍するのが本レンズです。

友人に被写体になってもらいました。
ポートレート撮影のためによく選ばれる大口径レンズとなると、どうしてもレンズ自体の重さやサイズが大きくなってしまいます。せっかく軽量なZ fcのボディですのでコンパクトさとのバランスを考えると、F2.8のボケでも申し分ないなと感じました。
また人物、動物の目にしっかりとピンとを合わせることができる瞳AFは静止画だけでなく、動画中でも使えます。

満開まではもう少しな桜と比べてチューリップは見頃を迎えていました。日の丸構図で撮ってみたり、バリアングルの背面液晶モニターを活用して下から撮ってみたり。鮮やかな赤が目にも楽しく、様々な角度からシャッターを切りました。
フィルムカメラのようなデザイン性が魅力的なZ fcですが、今回は静止画と動画のどちらの面でもアプローチできる性能面を見ることができました。これからの春のお出かけのお供に、おすすめの組み合わせです。

 


[ Category:Nikon | 掲載日時:23年04月01日 17時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 素敵なカメラのはじめかた

RECOMMEND

PAGE TOP