【OLYMPUS】ダンベル×アートフィルター

この春は自宅に初めてダンベルとベンチを迎えました。

何かを買うと撮影したくなるものですが、

ただ撮影するのも芸がないな、と思い、

OLYMPUSのアートフィルターで遊び心いっぱいで撮影してみます。

こちらは「ラフモノクローム」。

OLYMPUSでモノクロ撮影といえばぜひ試したいアートフィルター。

粒子の粗い、高感度モノクロフィルムを表現できることで有名なアートフィルター、

少しオーバーにふって雰囲気を出してみます。

新品同様のダンベルが、まるでシュワルツェネッガーの時代に撮られたもののように感じます。

 

「ドラマチックトーン」でトレーニング環境を撮影してみます。

よくよく見てみると背景布の折り目が見えますが、

コントラストを強調した画作りで背景布の迫力が増しています。

まるで海外のおしゃれな個人所有のジムみたいで、やる気がでてきます。

今のご時世、スマホの無料アプリで簡単に画像編集できるとはいえ、

あまり編集しすぎると画が破綻することがあります。

ミラーレス一眼であれば、あらかじめこうしたエフェクトを反映させた画面で、

じっくり調整しながら撮ることもできます。

手軽に画作りを楽しめる、OLYMPUSのアートフィルター、

ぜひご自宅の撮影でもお試しください。

今回使用したカメラはこちら↓

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:20年06月05日 12時00分 ]
6+

NEW POST

MORE
PAGE TOP