【OLYMPUS】他社製MFレンズをマウントアダプターで使ってみる

最近、めっきり出番の減ってしまったMFレンズを持ち出して、さくっと撮影に行ってみました。

マウントアダプターを介して、他メーカー同士を組み合わせます。
ボディがオリンパスのOM-D E-M5markⅡなので、マイクロフォーサーズのセンサーサイズ搭載です。
焦点距離が約2倍になります。

今回組わせたのはニコンのMFレンズ2本。
Ai macro Nikkor 55mmF2.8sとAuto Nikkor 85mmF1.8

Ai-s 55mmF2.8マクロは標準域の画角と最短撮影距離が25cmまで寄れるので、使い勝手のいい一本です。

OLYMPUS OM-D E-M5 markⅡ + NikonAi macro Nikkor 55mmF2.8s + センターフォーカスフィルター
OLYMPUS OM-D E-M5 markⅡ + Nikon Ai macro Nikkor 55mmF2.8s + センターフォーカスフィルター

Ai-s 55mmF2.8マクロに合わせて、センターフォーカスフィルターも撮影に使用してみました。
フィルターの真ん中に穴が開いていて、その周りがソフトレンズのような写りをします。
中望遠域での撮影を推奨されています。

Auto Nikkor 85mmF1.8
各社から発売されている85mmは力作ぞろいで、現行のレンズと比べればレトロな感じがしますが、まだまだ活躍してくれます。

OLYMPUS OM-D E-M5 markⅡ + Nikon Auto Nikkor 85mmF1.8
OLYMPUS OM-D E-M5 markⅡ + Nikon Auto Nikkor 85mmF1.8

OLYMPUS OM-D E-M5markⅡに搭載のフィルター効果、ドラマチックトーンのフィルターで撮影してみました。
背景のざわざわした描写が、よりフィルターの効果を強調している様です。

MFレンズのピント合わせに、ファインダー内蔵機種なら最後までピントを追い込めます。

[ Category:etc. Nikon OLYMPUS | 掲載日時:20年07月28日 18時00分 ]
3+

NEW POST

MORE
PAGE TOP