StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIで撮り歩き in 江戸東京たてもの園

【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIで撮り歩き in 江戸東京たてもの園

今回は東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」へ。
こちら、前回訪れた小金井公園に併設された野外博物館で、江戸~昭和の歴史的建造物や街並みなどが再現されています。
建物はただ形を模しているだけではなく、経年を感じさせる造りや、生活感を感じさせる演出など「そこにいる感」を強く感じます。

下町の町並みが再現されているエリアで、昔の商店や銭湯といった建物が並んでいます。まさにタイムスリップした気分にさせてくれます。

銭湯も実際に東京都足立区千住にあったもので、中に入ることもできます。脱衣所や浴室も当時を再現しており、広告看板がいい雰囲気を出しています。今にも「カッポーン」という音が聞こえてきそうでした。

ここからは、恒例のアートフィルターでの撮影。昔の雰囲気をだすため、オリンパスが独自に表現したセピアカラー「ジェントルセピア」を使用してみました。セピアカラーは通常のモノトーンより柔らかい雰囲気を出してくれるので、優しい印象のある写真になってくれる気がします。

園内には農家などの建物もあり、家の中もきちんと再現していて土間やかまどなどもありました。そんな室内の、床や柱の剥げ具合やかまどのすすけから生活感が漂ってきます。

建物のほかにも、漫画の中にしか無いような空き地の土管、リヤカーをつないだ自転車や都電車両など撮りどころはたくさんありました。

今回の機材も『OM-D E-M1 Mark II』と『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』の組み合わせですが、35mm判換算24-200mm相当で近接と望遠撮影もこなすこのレンズは、交換レンズ2~3本分の働きをしてくれます。屋内・屋外を問わず、遠く広く撮れるレンズが1本で済むのは撮り歩き時にはとても重宝します。

 

▽今回撮影した機材はこちら▽

 

 

 

 

 

 

 

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:21年08月09日 11時00分 ]

 
マップカメラのおすすめイベント

指定商品にお買い替えなら買取見積額最大15%up! スピーカープレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP