StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【OMSYSTEM】Toughに冒険!「Tough TG-7」

【OMSYSTEM】Toughに冒険!「Tough TG-7」

2023年10月13日に待望の4世代目「Tough TG-7」が発売されました。

OM SYSTEMになってから初めてのToughシリーズの登場です。

Toughと言えばアウトドアライフで愛されている機種ですが、

特に防水15mmと水中撮影機能が備わっていることで有名です。探してみると水中撮影機能が備わっているカメラは少ないので、夏のシーズンによくお問い合わせがあります。

今回は、アウトドアライフだけではなく日常でも楽しめる機能をご紹介いたします。

手に取って最初に試していただきたい機能は、「マクロ機能」です。

この機能は前の世代と変わらず最短距離「1㎝」と被写体にくっつきながら撮影ができます。

こんなに寄ってもいいのかなと恐る恐る近づきますが、最終的には芝生に置いて撮影していました。

周りの人にはカメラを置いて何をしているのだろうと思われたかもしれません。

それぐらい芝生にピッタリくっついて撮り続けました。

 

被写体に接近して撮影するモードは、被写体に1㎝まで接近できる顕微鏡モード

被写体を拡大表示して近接撮影するのに最適な顕微鏡コントロールモード

そのほか深度合成、フォーカスBKTなどのモードがあります。

顕微鏡モードを使用して落ち葉を撮りました。一枚目は、グッと寄って。二枚目は顕微鏡コントロール機能で拡大撮影をしてみました。目で見ることが出来ない部分まで見ることが出来ます。顕微鏡の代わりにもなるのでとても面白い機能です。

近接撮影は被写体に寄るので、撮影範囲が暗くなってしまいます。そんなときは「ワンタッチライト」を使用するのがオススメです。

ワンタッチライトとは、LED発光で瞬間的に発光するフラッシュとは異なり常時点灯させることが出来ます。明るさを保ちながらの撮影が可能です。フラッシュのような強い光での撮影はしたくないけど、もう少し明るくしたい時におすすめです。

マクロ機能が楽しくて、写真を見返すとほぼ寄って撮影をしていました。

OM SYSTEMの写し出すカラーはとてもはっきりしていて、上のような鮮やかなカラーにおすすめでもあります。

マクロ機能だけではなく、35mm判換算で25~100mm とズームも可能。屈曲光学系のためズーム時にもレンズが繰り出さないのが特徴です。

これからの紅葉シーズンに赤く染まった景色をコンパクトな一台で楽しめます。

 

マクロ機能に集中してしまいましたが、パノラマモードを使用してもっとダイナミックに撮影も楽しめます。

この機能は、TG-7のみならず他の機種でも使用できます。

天気が良く、人も少なかったので一枚撮ってみました。カメラに従って撮影をするだけで編集などせずに綺麗に撮れます。

 

そして今回新しく搭載されていてご紹介したいのが「縦位置動画」です。

 

カメラを縦位置にして撮影した場合、縦方向の動画ファイルとして保存が可能です。

 

編集ソフトを介さず、手軽に撮影できるのがポイントです。
スマートフォンで動画を視聴する機会がほとんどになってきた時代に手軽に合わせられるところが魅力的です。

 

どこか冒険しに行くなら「Tough TG-7」!

新たな発見が待っているかもしれません。

 

↓新品商品はインターネットからのご注文で安心安全の2年間保証付き!↓

 

[ Category:OLYMPUS & OM SYSTEM | 掲載日時:23年10月30日 18時56分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 創業祭フォトコンテスト

RECOMMEND

PAGE TOP