【PENTAX RICOH愛】PENTAXの便利な機能です。2

メーカー愛スプリングバトルPENTAX RICOH編

前回は前置きで終わってしまいましたので
今回は「ハイパー(Hyper)」系の機能の説明です。

ハイパーマニュアル(Hyper M)
撮影モードが「M(マニュアル)」の場合
露出計などがないと基準値がなく
シャッター・絞り値を変更しながら
露出バー等を見ながら適正値にします。
この動作が結構面倒だと思います。
この面倒な動作(この動作が良いと言う方・・・)をしないですむのが
ハイパーマニュアル(Hyper M)」です。
グリーンボタン」を押すことで
プログラムライン上の適正値を表示します。
Z-1P Hyper MK-5II Hyper M
「ハイパーマニュアル(Hyper M)」左「Z-1P」右「K-5II」

K-5II/IIs」ですとプログラムラインも6種類から選べます。
プログラムライン選択画面
「K-5II」のプログラムライン選択画面

後はシャッターダイヤル・絞りダイヤルを使って
ご自分の好み撮影が出来ます。
グリーンボタン」を再度押すと適正値に戻ります。
私は「プログラムライン・MTF/スポット測光」でよく使用します。
グリーンボタン」を押すことで
高度の反射式露出計が動作する」ということです。

ハイパープログラム(Hyper p)
撮影モードが「P(プログラム)」の場合で
グリーンボタン」を押すことで
プログラムライン上の適正値が表示されるのは
ハイパーマニュアル(Hyper M)」と同じです。
Z-1P Hyper PK-5II Hyper P
「ハイパープログラム(Hyper P)」左「Z-1P」右「K-5II」

この時に「絞りダイヤル」を使って絞りを変更すると
絞り優先オート(AV)」に移行し「ハイパーAV(Hyper AV)」モードになります。
Z-1P Hyper AVK-5II Hyper AV
「ハイパーAV(Hyper AV)」左「Z-1P」右「K-5II」

逆のパターンで「シャッターダイヤル」使用すると
シャッタースピード優先オート(SV)」に移行して「ハイパーTV(Hyper TV)」モードになります。
Z1p Hyper TVK-5II Hyper TV
「ハイパーTV(Hyper TV)」左「Z-1P」右「K-5II」

そして「ハイパーAV(Hyper AV)」の状態で「シャッターダイヤル」で
シャッタースピードを変更すると「ハイパーTV(Hyper TV)」に移行します。
逆の「ハイパーTV(Hyper TV)」から「ハイパーAV(Hyper AV)」も同じです。
絞り優先オート(AV)」と「シャッタースピード優先オート(SV)」が
変幻自在に切替できます。

ハイパー(Hyper)」系操作を覚えてしまえば本当に便利です。
モードダイヤル」をいちいち切り替える必要がなくなります。

一度、手にとってお試し下さい。

「PENTAX」デジタル一眼の詳細とインターネットでのショッピングは⇒コチラ

↓クリックで1票!

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:13年04月30日 10時35分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP