StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Photo Movie】SONY VLOGCAM ZV-1

【Photo Movie】SONY VLOGCAM ZV-1

【新時代のVlogカメラ SONY VLOGCAM ZV-1】

2020年6月19日に、日常生活を動画として残しておく「Vlog(ブイログ)」に特化した1インチセンサー搭載カメラ「VLOGCAM ZV-1」が発売されました。今回はこの新製品ZV-1の「PhotoMovie」をご覧いただきながら、その魅力をお伝えできれば嬉しい限りです。
前回のSONY RX100をご紹介した時に、この「VLOG(ブイログ)」について簡単に説明しましたが、文章や写真の代わりに映像や動画を用いて公開されるブログのことを「Video Blog(動画ブログ)」と言います。
これまでSONYが展開してきたRX100シリーズでも、このVlogを利用したプロモーションをしていましたが、Vlogに特化した機能を搭載したことで逆に不要な機能を取り除いて価格を抑えるカメラ、これからVlogを始めようとするユーザーへの訴求を強化したカメラこそ、このVLOGCAM ZV-1だと思います。

ZV-1の外観は高級コンパクトカメラのように見えますが、RX100シリーズとは異なり、EVF(電子ビューファインダー)や撮影機能を切り替えるモードダイヤルがありません。また、横方向に開くバリアングルモニターやマルチインターフェース(MI)シュー、録画ステータスを示す正面のLEDランプなど細かくVlog仕様になっていることが分かります。
そして大きな特徴のひとつでもある前方に指向性のある3つのカプセルマイクが内蔵されています。標準でもウインドノイズ(風による雑音)に強い構造となっているようですが、MIシューに装着できる付属のウインドスクリーンを利用すれば、屋外でもより安定した音の収録が可能となっています。Vlog(動画)は静止画にはない音も重要な構成要素だと言うことです。

Vlogに特化した注目の機能として「商品レビュー用設定」と「背景ぼけ切り換え」を搭載したことです。カメラは人の顔にピントを積極的に合わせようとします。人物撮影では問題ありませんが、レビュー用動画に関しては顔と商品の間で素早いフォーカス移動が必要となり、なかなか商品にピントが合わないことがあります。そこで、「商品レビュー用設定」にすると、顔・瞳検出がオフになり、スムーズなフォーカス切り替えが可能となり商品にピントが合うようになる機能のようです。
もうひとつの「背景ぼけ切り換え」機能は、本体上部に背景ぼけ切り換えボタンを配置、ワンタッチで切り換えられます。

カメラボディ単体のほかに、シューティンググリップキット「VLOGCAM ZV-1G」もラインアップされ、ワイヤレス接続できるシューティンググリップ「GP-VPT2BT」が付属するキットで、自分撮りや歩きながらの撮影時に重宝します。また三脚としても使えるのでレビュー動画撮影などにも便利です。このシューティンググリップは、既存のRX100M7やRX0M2、α6600、α6100などにも使用が可能です。

またWebカメラとして使用可能です。尚、ZV-1をWebカメラとして使うためのWindowsソフトウェアは2020年7月の予定です。Webカメラとは、パソコンに接続してリアルタイムで映像を転送・配信できるカメラのことを言います。

自分撮り時にホールドしやすいグリップや前面に録画ランプがあるなどVlog用に最適化され、いつでもどこにでも持ち運べる新時代のVlogカメラ「SONY ZV-1」は、これからVlogをはじめようと考えてる方に是非ともお勧めしたい一台です。

【SONY VLOGCAM ZV-1 Movie】

ただいま、マップカメラが運営する「カメラ」をカッコよく、魅力的に紹介するインスタグラム「自機自賛」でもこちらの動画をご覧いただけます。是非こちらも【jikijisan_mapcamera】チェックしてみてください。
今後も「PhotoMovie」では、皆様の期待に応える新製品から懐かしいカメラまでご紹介していきますのでよろしくお願いします。次回の「PhotoMovie」はどんなカメラが登場するのか、お楽しみに!

 



[ Category:SONY | 掲載日時:20年06月29日 12時30分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP