StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【SIGMA】しぐまびより Part24

遂に発売した dp3 Quattro。
早速気になるこのカメラで撮ってきました。

雨降りの翌日。
まだ空には雲がかかり、青空は覗く程度。
全体的に湿った環境での撮影。
花弁に落ちた滴。
乾いた木の葉、湿った木の葉。
葉脈までくっきりと写しだしています。

秋に来たころには自然の色に彩られた場所も
今はまだ春の芽吹きを待つばかり。
水鏡がとても印象的な写りです。

null

赤が印象的な一枚。
ゴム手袋の使い込み具合が見て取れます。
浮つきのない、渋めの色調。
時間の経過、使い込んだ物の傷み具合、汚れ具合。
カラーパレットにはない色がそこにあります。

ほぼ光のない環境下での撮影。
ISO感度3200とシャッタースピード20/1。
絞り値は開放 という被写体にとってもシビアな設定での一枚。
しかしヤカンの金属の質感と
掃除機の取っ手部分、ゴムの写り。
個人的にモノクロで撮影してきた中では一番お気に入りです。

画としての理想を切り撮るのではなく
画としてのリアルを切り取るのがこのカメラの個性かと思います。
ピントから外れたボケた被写体の描写でさえ生々しさを感じます。

屋外から射し込む光で、明暗の分かれた一枚。
ハイライト側の飛んでしまったと思ったデータもしっかりと生きています。

銭湯の背景画を描くペンキ絵師は現在三名しかいないそうです。
撮った時には気付かなかった銭湯の背景画の汚れ。
merrill時代から絶賛されたdp3のレンズの描写力には舌を巻きます。

畳側のシャドウ部を引き上げた一枚。
無理に引き上げられた感じもなく、光陰の粘りを改めて感じた一枚です。

別の場所から一枚。
これでもかと写し込まれた木目。
ピントが合った箇所は等倍で鑑賞しても
文句のつけようのない精細さです。

一本だけ一足先の桜が咲いていました。

絢爛な色彩の季節がもうそこまで来ています。
SIGMA dp3 Quattro もまだ封を切ったばかり。
ウェットな質感や色彩に溢れた被写体も
これからどんどん撮っていけたらと思います。

しぐまびより

Photo by  taira.  

“Kasyapa”
マップカメラのフォトレビューサイト

null

“Map x Mountadapter
マウントアダプター特集サイト

〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA | 掲載日時:15年03月14日 18時30分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP