StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】この季節に咲く花(16)

寒くなりました。

屋外で撮影するのも億劫になってきました。

そんな時でも撮影をするのは、撮りたいものがめぐる季節にあるからです。

今回は、この花です。

「梅 ウメ」です。

まだ、早いのではないかと思われる方もいらっしゃるでしょう。

品種によっては、もう咲いているのです。

いつもの公園に他の目的で、行ったのですが梅園がありまして、その中の1本が咲いておりました。

このように、まだ、蕾の状態が多いのですが、2月、3月が最盛期の品種が多い中、

1月に咲いているので、「八重野梅 ヤエヤバイ」と私が判別しました。

梅はもともと日本に自生しているのではなく、奈良時代に中国から渡来(一説には九州に自生)したと言われてます。

梅は大きく分けると、野梅系(原種に近い)、紅梅系(枝の中の髄が紅色)、豊後系(アンズとの交雑で実が大きい)の

三系になります。

その中に、花だけ観賞の「花ウメ」、果実の収穫が主な「実ウメ」がありますの区別は厳格ではありません。

春の被写体には、「桜」が人気です。

その前哨戦の桜の仲間、バラ科、「梅 ウメ」の花を眺める時、梅干しを食べる時、梅酒を飲む時、これはどこの仲間かな、

なんて思っていただければ幸いです。

この写真を撮っていると近くの藪から出てきた小鳥が一羽。

「鶯 ウグイス」です。この時期は「ホーホケキョ」と鳴かず、「チャッ、チャッ、チャッ、」と舌打ちのような鳴き声(地鳴き)をしてました。

「ホーホケキョ」のさえずりは2月の終わりから練習をはじめます。中途半端な「ホーホケ」の鳴き声を何回か聞いたことがあります。

良く「梅に鶯」と言ってますが、蜜を吸いに行くメジロ(意外と大胆)が良く止まってます。

梅に大胆なメジロの参考画像は、↓

【SONY】α77II 虫がいないので近所の公園で野鳥撮り

それをウグイスと勘違いしたり、花札の絵からきています。

実際はウグイス(用心深い)が止まることは滅多になく蜜は吸いません、虫や木の実を食べます。

梅園の梅の木にメジロ、藪にウグイスの関係からきた言葉だと思います。

【参考文献】

鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670 永井真人 著 茂田良光 監修 出版社 : 文一総合出版

鳴き声と羽根でわかる野鳥図鑑 吉田 巧監 岩下 緑音声監修 出版社 : 池田書店

ウメハンドブック 大坪 孝之 (著), 亀田 龍吉 (写真)出版社 : 文一総合出版

色と形で見わけ散歩を楽しむ花図鑑 大地佳子 (著), 小池安比古 (監修), 亀田龍吉 (写真)出版社 : ナツメ社

葉っぱで見わけ五感で楽しむ 樹木図鑑ネイチャー・プロ編集室 (著, 編集), 林 将之 (監修, 写真)

改訂版散歩で見かける街路樹公園樹 庭木図鑑 葛西愛(著)三省堂

フィールドベスト図鑑 4巻 花木・庭木 西田 尚道 (監修) 学研

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

[ Category:SIGMA SONY | 掲載日時:21年01月11日 13時00分 ]
12+

RECOMMEND

PAGE TOP