StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】この季節に咲く花(17)

まだまだ、寒い日が続きますが、この事態で体調にはお気を付けてください。

カメラは、その季節、日にち、時間を記録をする大切な道具だと思います。

これからもできる限り、使って撮っていきたいと思います。

さて、このつぼみは、何でしょう。

早春、この時期に良い芳香を放っている花です。

答えは、「蠟梅、ロウバイ」です。

「梅」の字があるからと言って、「梅・ウメ」と同じ仲間かと言うと違う仲間です。

「梅・ウメ」はバラ目バラ科、「蠟梅、ロウバイ」はクスノキ目ロウバイ科です。

江戸時代、中国からやって来ました。

花弁が蠟質で、ウメのような澄んだ香りを放つから、または中国名「蠟梅」を音読みして和名のロウバイと名前が付きました。

もう、ちょっと蕾も花もよって撮ってみます。

この光沢、本当に蠟の様ですね。

マスクをしているので、香りを楽しむことができないので残念です。

ロウバイ、ロウバイと言っていますが、ロウバイにも色々あって、参考文献によると

ソシンロウバイ(素心蝋梅)、マンゲツロウバイ(満月蝋梅)、トウロウバイ(唐蝋梅)、
ウンナンロウバイ(雲南蝋梅) アメリカロウバイ(アメリカ蝋梅)、ナツロウバイ(夏蝋梅) 、とありまして、

私が現物を見たことがあるのは、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイだけで機会があれば見に行きたいです。

では、このロウバイは何か。

花の中心部も黄色、花全部が黄色なので、「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」と私は判別しました。

他のロウバイは花の内被片が赤紫や黒のものが多いからです。

別名、「カラウメ」「ナンキンウメ」とも言います。

ちなみに、このミノムシみたいなのは去年できた実が残っていました。

中に小豆形の種があります。

この種や葉はアルカロイド系の毒があるようで注意が必要です。

【参考文献】

鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670 永井真人 著 茂田良光 監修 出版社 : 文一総合出版

改訂版散歩で見かける街路樹公園樹 庭木図鑑 葛西愛(著)三省堂

葉っぱで見わけ五感で楽しむ 樹木図鑑ネイチャー・プロ編集室 (著, 編集), 林 将之 (監修, 写真)出版社 : ナツメ社

フィールドベスト図鑑16巻日本の有毒植物 佐竹元吉 (その他) 学研

フィールドベスト図鑑 4巻 花木・庭木 西田 尚道 (監修) 学研

あとがき

この状況でも、いつもの公園には散歩も兼ねてカメラを持って足を運びます。

なにかを見つけに。

すると、池の岩に青い鳥が着地しました。

カワセミ(雌)でした。

2年前に逢った個体でしょうか。

遠出も出来ない今、私を和ませてくれています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

[ Category:OLYMPUS SIGMA SONY | 掲載日時:21年01月25日 14時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古HalloweenSALE 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP