StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【SONY】この季節に咲く花(22)

これまで春の香りを代表する植物、「梅」、「ロウバイ」、「日本水仙」、と載せてきましたが、

これも、いま現在すぐそこで香っている植物です。

皆さんも、歩いている時、この花の香りで春を感じるのではないでしょうか。

今回は、「沈丁花・ジンチョウゲ」です。

初夏の「くちなし」、秋の「キンモクセイ」と並び三大芳香花に数えられてます。

中国原産で室町時代に日本に渡来したと言われてます。

枝先に10から20個の頭状の花を開く、花弁はなく花弁に見えるのは萼です。

雌雄異株で日本で植えられているのは、ほとんど雄株で果実はできません。

私も、まだ実を見た事ありません。

全株が毒を持っています。特に実が毒です。

樹液は皮膚につくと皮膚炎を起こし、誤食すると口内炎、胃炎を起こします。

前に毒を持っていると書きましたが、花だけは薬になるようです。

採取して日干ししたものが、のどの痛みに効くそうです。

試したい方は自己責任で。

花の名前の由来は、花の香りが沈香(香木)に花が丁字(またはクローブ)に似ていると言われてます。

白花ジンチョウゲです。

前のジンチョウゲより香りがすっきりしてるように、私は思いました。

さあ、皆さん春の香りを楽しんでみましょう。

【参考文献】

フィールドベスト図鑑 4巻 花木・庭木 学研

改訂版散歩で見かける街路樹公園樹 庭木図鑑 葛西愛(著)三省堂

色と形で見わけ散歩を楽しむ花図鑑 大地佳子 (著), 小池安比古 (監修), 亀田龍吉 (写真)出版社 : ナツメ社

葉っぱで見わけ五感で楽しむ 樹木図鑑ネイチャー・プロ編集室 (著, 編集), 林 将之 (監修, 写真)出版社 : ナツメ社

フィールドベスト図鑑16巻 日本の有毒植物 佐竹元吉 (その他) 学研

フィールドベスト図鑑17巻 日本の薬草  監修: 矢野 亮 出版社: 学研

[ Category:OLYMPUS SIGMA SONY | 掲載日時:21年03月31日 18時00分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP