StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Leica・FUJIFILM・Canon】振り返り、引き締める。

【Leica・FUJIFILM・Canon】振り返り、引き締める。

マスクを着けながらもまだ余裕のあった昨年の今頃、
マスク生活が一年後も続いているなどと誰が予想したでしょうか。

「慣れ」とは本当に恐ろしい。
徐々に緊急事態に慣れ始め、危機感が薄れてしまっているように感じます。

「振り返り、引き締める。」
本記事ではコロナ禍において様々なカメラで撮影した我が家の『ウンベラータ』を振り返り、
気を引き締め直していこうと思います。

Canon EOS 5Ds + CarlZeiss Milvus 50mm F1.4

キヤノン機で撮影するときは少しハイキー気味に撮ることが多く、明るく柔らかいイメージを大切にしています。
5000万画素を誇る5Dsを活かすためにオートフォーカスを捨て、解像度を重視してCarl ZeissのMilvusを選んだ記憶がありますが、
前ボケ、後ボケともに穏やかで自然な印象です。

FUJIFILM GFX 50S + GF110mm F2

このとき初めて中判カメラに触れた筆者ですが、その画の緻密さに大変驚かされました。
人差し指と中指二本で掴むことのできるほど軽量なGFX 50Sと葉の上の微細なホコリまで写してしまうGF110mm、使いこなすことができればこれほど強い味方は他にありません。

Leica M10 + Leica Apo Summicron M75mm F2 ASPH.

アポクロマート設計といえど柔らかさと温かみを兼ねそろえた75mm
オールドレンズから現行レンズまで、どのレンズの光も余すことなく受け止めるM10との組み合わせは非常に気持ちが良い。
中判と見間違えるほどの立体感、なんとも言えません。

Leica M(Typ240) +  Leica Apo Summicron M50mm F2 ASPH.

究極のM型ライカ用レンズとの呼び声高いアポズミクロンM50mm
鋭すぎず、どこか余力のあるM(Typ240)との組み合わせが個人的にはベストです。

開放からこの描写力、現実をそのまま手にすることができ、是非とも一度はお試しいただきたい逸品。

Leica M(Typ240) +  Leica Apo Summicron M50mm F2 ASPH.

ここまで同じ『ウンベラータ』を様々な機材で撮影した模様をご覧いただきました。

昨年の写真を振り返ってみてわかったことは、4月から6月にかけて室内で撮影していた写真が7月に入って徐々に屋外での写真に取って代わったこと。

慣れとともに撮る写真が変わっていたことが顕著に表れています。
出口の見えないトンネルを抜けるためにできることは何か。
そっと写真に諭されてしまいました。

もう一踏ん張り、気を引き締め直して4月を迎えましょう。

 
 
 
 

[ Category:Canon FUJIFILM Leica | 掲載日時:21年03月31日 18時59分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP