StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】シリーズRX100の系譜 Vol.3

「Cyber-shot」
SONYのカメララインナップにおけるコンパクトなどのレンズ一体型カメラにつけられるシリーズ名。

そのCyber-shotシリーズにおいて「高級コンパクト」というカテゴリーで大型の1.0型センサーを搭載したモデルがRX100シリーズです。
2010年代からのスマートフォンの流行にともなって、安いだけのコンパクトカメラはその存在を脅かされ続けています。
しかし、このRX100シリーズは「小型のまま高画質」という独自路線を確立したことにより、現在でも人気のシリーズとなっています。
2022年9月現在、通算7機種(RX100M5Aを含むと8機種)がリリースされているRXシリーズ。
本シリーズの魅力を総ざらいし、機種ごとの特徴をお届けする本企画『シリーズRX100の系譜』

今回は3代目にあたる「RX100M3」をご紹介致します。

RX100/RX100M2と異なる点として、24-70mm、F1.8-2.8のツァイス バリオ・ゾナーT*レンズが搭載されるようになりました。
このレンズはM3~M5Aまでのモデルに搭載されています。
コンデジはコンパクトなぶん、F値が暗くなってしまうのでは…?というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
ですがF1.8-2.8という明るいレンズが搭載されていることに驚きです。より背景をぼかした本格的な撮影が可能となり、まるで一眼レフで撮影したかのような写真が撮れます。
ちなみにRX100/RX100M2には28-100mm F1.8~F4.9のレンズが搭載されていました。

さらには使い勝手の面でも進化した部分があります。
なんとポップアップ式のEVFが内蔵されてファインダーを覗いて撮影が可能。
「せっかくカメラを使うならファインダーを覗いて撮影してみたい」といった声をよく聞きます。そんな方の要望にもしっかりと応えてくれる一台です。しかもファインダーをポップアップすると、カメラの電源も入る仕様になっていて、ますます使い勝手が良くなっています。
液晶画面はM2と同じチルト液晶ですが、M3になり180度チルトする液晶モニターに進化しています。

暗くなってきてからの撮影にもチャレンジしてみました。

F1.8-2.8の明るさがあるので、暗い場面でもシャッタースピードを稼ぐことができます。グリップが付いていないので持ちにくさはありますが、実は別売りでグリップを購入することもできるんです。

光学式手ブレ補正の搭載で夜の撮影も問題なく行うことができ、より一層いろんな楽しみ方ができるM3。
店頭でもM3をお求めになるお客様が多く長年親しまれている機種で、スマホのカメラからステップアップしてみたい、最新機種ほどの性能は必要ないなどとお考えの方にもおススメできます。
RX100/RX100M2と比べ「こういう機能がほしかった!」が詰め込まれ、発売から8年がたった今でもまだまだ色褪せない一台です。

この機会にRX100M3を手に取ってみてはいかがでしょうか。楽しいカメラライフになること間違いなしです。

今後もRX100シリーズの魅力をお伝えしていくので、そちらもご覧ください!

[ Category:SONY | 掲載日時:22年09月28日 17時00分 ]


新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

先下15up新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP