StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】マイダーツを紹介いたします。~番外編:スーパースロー動画~

【SONY】マイダーツを紹介いたします。~番外編:スーパースロー動画~

毎回筆者のマイダーツを紹介している『マイダーツを紹介いたします。』ですが、今回は趣向を変えて飛んでいるダーツのスーパースロー動画を紹介いたしますので、是非ご覧ください。

市販されているソフトダーツ用のボードは改良を重ねかなり静音になってはいるものの、まだそれなりに着弾時に音がでてしまい、ワンルームマンションでは騒音問題に発展してしまうため、家で練習する時にはハードダーツのボードを使用しています。ソフトダーツのバレルにハードダーツとして使用するためのアダプタを付けて使用します。
材質もプラスティックではなくアルミ製になり、長さも変わってきます。

装着するとこうなります。

ソフトダーツとハードダーツの大きな違いのひとつは、ソフトダーツは電子ボードであるということです。これにより、世界中のプレイヤーとリアルタイムでオンライン対戦が出来るのです。筆者は今までにタイ・シンガポール・アメリカのプレイヤーと対戦した事があります。アメリカのプレイヤーと対戦した時は、接戦で最後に私がなかなか難易度の高いスローを決めて勝利したのですが、そのプレイヤーは終わった瞬間に画面に向かって両手をグッドの形にして『ナイスプレー!』のジェスチャーをしてくれました。好プレーを褒めてもらえて清々しい気分になり『これがフェアプレー精神だな。』と感じて、その後筆者もそのプレイヤーの真似するようになりました。

以前から自分のダーツはどのような飛びをしているのか気になっていたのですが、今回それが解決しました。
『SONY RX100M5』を使用し、40倍のスーパースローで撮っています。

【射出の瞬間】
手から離れた瞬間にこんなに矢先が下を向いて飛んでいるとは思いませんでした。

【空中姿勢】
左回転しているのが見て取れます。自分のスローが回転かかっているのははじめてしりました。ラグビーボールと一緒で回転がかかることで直進力が上がるので、意図的に回転をかけようとしているプレイヤーもいるそうです。

【空中姿勢2】
先ほどのスローと違いかなりうねって飛んでいます。驚きですがダーツは結構うねって飛ぶことがあります。プロのプレイヤーの動画をみると大抵うねっていて、それでもしっかり刺さるのです。筆者はこのうねって飛ぶ動画が好きでよくこういった動画をみています。興味のある方は是非『PDC TopPlayer’s Super Throwing』(検索キーワード:世界トップの飛 pdc)というプロプレイヤーのダーツのスーパースロー動画を観てみてください。

【着弾の瞬間】
意外とサクッと感のある刺さり方をします。ソフトダーツの場合は『バスンっ!』という音がするのですが、ハードダーツは『トスっ』という静かな音がします。布団の上に物を落とした程度の音なので、ご近所様を気にせず投げれます。家で練習したけど音が気になって諦めている方は是非ハードダーツのボードを検討してみてください。

今回『SONY RX100M5』のお陰で『自分のダーツの飛びをスローで見たい』という長年の夢がかない、とても貴重な撮影となりました。

【PENTAX】マイダーツを紹介いたします。~その2~

【PENTAX】マイダーツを紹介いたします。

今回撮影したような40倍スーパースロー動画はRX100M4以降のRX100シリーズでも撮影できます。

[ Category:SONY | 掲載日時:21年08月14日 10時30分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古HalloweenSALE 新品ハロウィンプレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP