StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】HLGとLogの違いは?

【SONY】HLGとLogの違いは?

最近そこかしこでLog撮影について触れられるようになってきました。

Logと言えば「画面が灰色」で「編集前提」の撮影方法

逆にHLGは「ほぼ見たまま」で「撮って出し」に向いている撮影方法

と言われることが多いです。

Logが全体的に灰色な画面になってしまうのは、録画できるダイナミックレンジを広くとっているからであり、編集によって必要な明度や色に設定して書き出す為、撮って出しより潰れたり飛んだりしにくいと言われています。

実際に撮影し確認していきたいと思います。

使用機材はSONY α7RIIIとCONTAX Planar 50mm F1.4で撮影し、LogはPP9のS-Log3とPP10のHLGを共にプリセットからいじることなくそのまま使用しました。

まずは編集結果からご覧ください。

HLG・Logともに露出を合わせ、破綻が出ない範囲で暗部の持ち上げと明部の調整を行いました。

岩場の黒色がほんの少しだけLogの方が綺麗に出てくれています。

また、HLGよりLogを編集した物の方が少しだけ明暗差があります。

Log素材から編集し始め、ある程度のところでHLG素材をLogに近づけようとしましたが、
α7RⅢの内部収録では4:2:0 8bitでの収録となるためこれ以上は破綻が起きてしまいます。

より本格的な画作りを求めるのであれば10bitは欲しいところ…

最新機種のα7SⅢやFX3では内部収録で4:2:2 10bitでの収録も可能であるため、
今回の結果も踏まえて、これらのカメラを使用しての撮影も今後チャレンジしてみます。

 

[ Category:etc. | 掲載日時:21年07月15日 08時30分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP