StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY・Canon・OLYMPUS】カメラと歩んだ2020年

【SONY・Canon・OLYMPUS】カメラと歩んだ2020年

今年ほどカメラに触れ続けた一年はなかったなと、改めて思います。

そんな一年を写真と共に振り返りたいと思います。

 

2020年1月、筆者は以前勤めていた会社を退職し気になっていた写真館に転職しました。

その頃から人物撮影・ポートレートに強い興味を持ち、独自に勉強をしてきました。

それ以前の筆者は動物写真が大好きで、よく動物園に撮りに行ったり街に出て見かけた野良猫の写真を撮ったりしていました。

ILCE-9 / SEL100400GM / F5.6 / ISO2000 / SS1/80 / 400mm

筆者が特にこの一年で力を入れていたのは、構図を意識した撮影です。

まだ勉強不足な部分がありますが、撮影する上で被写体や主役をどう写して行くかを考え撮り続けました。

これは一月に撮影した我が家のフェレットの写真です。この頃はまだ動物写真を撮っていました。

 

ILCE-9 / SEL2470GM / F2.8 / ISO250 / SS1/30 / 53mm

ILCE-9 / SEL2470GM / F2.8 / ISO50 / SS1sec / 70mm

二月から三月にかけて本格的にポートレート撮影をやり始めました。

その頃から、ネットで積極的に情報を集めて撮り方のバリエーションを増やしていき様々な方法を実践しました。

E-M1X / ED35mmMACRO / 深度合成

E-M1X / ED35mmMACRO / 多重露出

E-M1X / ED35mmMACRO / 多重露出

四月から六月にかけては世間はコロナ禍のピークに達しており、政府の緊急事態宣言があり撮影に出掛けることが出来なくなりました。

三月の半ばからそういった自粛の動きもあり筆者は勤めていた写真館を退職せざるを得ない状況になりました。

そんな状況の中、この会社に拾って頂いた次第です。

店舗が営業出来ない・外出出来ない中でも写真を楽しむ方法をどうしたら提案出来るかを考え、テーブルフォトなどを実践し提案していきました。

 

ILCE-9 / SEL2470GM / F4.5 / ISO500 / SS1/160 / 70mm

E-M1X / ED40-150PRO / F2.8 / ISO640 / SS1/250 / 150mm

E-M1X / ED300mmPRO / F4.5 / ISO1000 / SS1/400 / 300mm

E-M1X / ED300mmPRO / F4 / ISO2000 / SS1/3200 / 300mm

七月から八月は、ようやく店舗も営業が出来る状態になり、ソーシャルディスタンスや消毒の徹底など様々な対策をしながら少しずつ日常を取り戻し始めていきました。

そんな中で筆者は久々に撮影に出ることになったのですが、その時真っ先に向かったのは動物園でした。

咄嗟に人物撮影で身に付けた構図の意識を動物園の写真に活かしてみたい。と考えたのです。

結果は個人的には上手くいったのではないかなと思うことにします。

 

EOS R5 / RF85mmF1.2L / F2.5 / ISO100 / SS1/200 / 85mm

EOS R5 / RF85mmF1.2L / F8 / ISO160 / SS1/125 / 85mm

九月と十月、筆者は久々に人物撮影を行いました。新たに購入したカメラとレンズの性能のテストや兼ねてから勉強してきたライティングの復習がてらシンプルな白背景で撮影しました。

動物写真と違いゆっくり構図を組み立てつつ狙えるのはだいぶ楽ですが、やはりライティングは奥が深く、1センチライトスタンドをずらすだけで光の当たり方や質感の様なものがガラリと変わってきます。

こういったシビアな撮影に臨めるのは、人物撮影の醍醐味だなと感じました。

 

ILCE-9 / PENTAX Super-Takumar 55mm F1.8 / F1.8 / ISO100 / SS1/1250 / 55mm

ILCE-9 / PENTAX Super-Takumar 55mm F1.8 / F1.8 / ISO100 / SS1/1250 / 55mm

十一月から十二月の現在までは、更にレンズにもこだわり様々なレンズを使用し人物撮影に挑みました。

真っ先に目を付けたのはオールドレンズ。

オールドレンズ特有の写りや性質を活かし、そのレンズならでの写りを目指して撮影しました。

今まで、デジタルのAFレンズしかほとんど使っていない筆者にとってとても新鮮で面白い体験を多数与えてくれました。

 

去年に引き続きα9には特に活躍をして貰った一年でした。今年はR5を迎えα9の出番は減るかな、と思いきやオールドレンズの可能性を見出した為、まだまだ出番は無くならなそうです。

来年は、人物・動物撮影に加えて風景・スナップ写真にも挑戦して行きたいです。

まだまだ厳しい世の中ですが、もっと写真を盛り上げられるような皆様が楽しめるコンテンツの発信をしていけたらと思います。

 

では、また。

[ Category:Canon OLYMPUS SONY | 掲載日時:20年12月13日 20時00分 ]
1+

RECOMMEND

PAGE TOP