StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【TAMRON】人気レンズ、28-75mm F2.8 Di III VXD G2を使ってみる。

【TAMRON】人気レンズ、28-75mm F2.8 Di III VXD G2を使ってみる。

SONYのカメラを使い始めてまず最初に考えること。
「まず、標準ズームを一本買いたいけど、どのレンズを選んだらいいのか」
SONYの純正の中では、FE 24-70mm F2.8 GM IIやVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSがあげられます。
FE 24-70mm F2.8 GM IIでは少し最初のレンズでは敷居が高いと感じるかもしれません。
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSの場合、レンズ内手振れ補正がついているところが魅力的ではありますが、欲を言えばもう少し明るいレンズが欲しいと思う方も多くいらっしゃるかもしれません。

そういった中で、サードパーティ製のレンズが候補にあがってきます。
SIGMA Contemporary 28-70mm F2.8 DG DNやTAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2のどちらかになることが多いです。


今回は、その内の一本であるTAMRON28-75mm F2.8 Di III VXD G2で撮影に出かけました。
使用したボディはα7CR。
コンパクトながら高画素というわがままを実現したカメラボディです。
シングルスロットではありますが、日常使いをメインでする、そこまで多く枚数を撮らない、RAWとJPEGに分けたいといったことがなければシングルスロットでも問題無いのではないかと思われます。


素敵なおとぼけの表情をした狸を見つけました。
TAMRONのレンズの特徴は、素直な色味ではないかと思っています。
SIGMAはどちらかと言えば実物よりもクリアな描写になることが多いです。
それに対して、TAMRONは暖色系が得意なレンズです。素直で柔らかい色味です。ピント面も大げさすぎるほどシャープになっていることはなくその面でも自然な立ち上がりとなっています。


都内の神社でお参りをしたあとにおみくじを引きました。
この神社には神馬が奉られています。その神馬にちなんだおみくじがありました。早速引いてみました。
この、TAMRON28-75mm F2.8 Di III VXD G2はワイド側0.18mがテレ側0.38mの最短撮影距離となっています。
そのためこのように手を持ったおみくじも問題なく撮影出来ました。
おみくじは大吉。幸先のよい2024年です。


おみくじを結ぶためのハート型のモニュメントがありました。
多くの人が縁を結ぶため、おみくじを結んでいきます。
レンズの重量は540g。α7CRの重さは約515g。合わせても約1㎏弱の重量です。
おみくじの文字も潰れることなく描写が保たれています。
描写力も文句のないレンズです。


黒い点々が並んでいると思ったら鳩でした。
鳩が一列に並んで昼寝していました。
狭い幅によくここまで並んで寝ているな、と感心してしまいました。
首から下げて歩いていても苦にならないサイズと重量のため、気になるものを見つけた時にすぐにカメラを構えて写真を撮ることができます。
純正レンズに引けを取らないAFスピードとなっております。
スナップ撮影でもオススメしたいレンズだと感じました。



昔は「万世橋」という駅がありました。
神田駅とお茶の水駅の間に万世橋という駅がありました。
今はショッピングモールになっていますが、一部元の駅舎の壁や階段が保存されています。
階段を上り下りしながら昔に思いを馳せます。
適切に保存していけば、昔のものを現在まで使っていくことができるのだと思います。


まだ、万世橋駅が活躍していたころのレプリカが展示されていました。
電車にピントを当てて写真を一枚写真を撮りました。
最短撮影距離で撮影を行ったのでピント面が薄く、すぐにボケています。
レプリカが展示されていた向こうは現実の風景でした。そのため、レプリカの写真を撮った時に向こう側に現代の風景が見えてしまうと興ざめだと思いました。F2.8で撮影したところしっかりとボケてくれました。
ボケ感はグルグルしていたりということもなく、スッとした素直なボケです。
クセのあるボケも面白いですが、素直なボケの方が日常使いしやすいと思います。
そういった面でも、このレンズは最初のズームレンズでもおすすめの最適な一本と言えます。



少し歩き疲れたのでカフェで一休みです。
ここのカフェは海苔トーストという焼きのりをはさんだトーストが名物です。
絶品で近くを訪れる度に必ず立ち寄るお店です。
美味しいものは美味しいうちに食べたい。そんな時に必要なのは、テーブルフォトを座ったままとれる最短撮影距離があることと、素早いAFがあるかということです。
こんな時にもTAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2は大活躍です。

テーブルフォトからスナップまで。今回は撮影しませんでしたが、75mmまでの焦点距離のためポートレートも。
この一本さえ持っていれば間違いのない、自信をもってオススメできるレンズです。

▼新品はインターネットからのご購入でマップ2年保証!▼

▼今ならネット限定中古全品ポイント5倍!▼



[ Category:SONY TAMRON | 掲載日時:24年02月04日 12時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古決算セール 中古全ポイント5倍_202402

RECOMMEND

PAGE TOP