StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【TAMRON】70-180mm F2.8 DiIII VXDでスナップ撮影

【TAMRON】70-180mm F2.8 DiIII VXDでスナップ撮影

気が付けばもう2月。
時が流れるのが本当に早く感じます。

年始にTAMRON 28-75mm F2.8 DiIII RXDをご紹介しましたが、今回はTAMRON 70-180mm F2.8 DiIII VXDのご紹介です。

このレンズを使用して、まずやはり感じたのはレンズの軽さです。使用前は一見重そうな見た目なのですが、手に持ってみるとそのイメージが払拭されます。ちょっとしたお散歩撮影だったのですが、絞りF2.8通しのレンズをこんなに気軽に持ち出せるのかと感動を覚えました。
写りに関しても妥協がなく、しっかりと作りこまれていると感じました。

では、撮影した写真を交えて感想を書かせて頂きます。
今回、使用したボディはSONY a9IIです。

こちらは公園に設置されていた流木の写真です。
細かな木の模様やくぼみ、筋など細部までしっかりと写っていて、レンズの高画質性能が表れています。

元々は「ブティック」となっていたのでしょうか。
街中で文字かけた表記をよく見かけますが、なぜか毎回興味を惹かれます。
今回もこの「ブティッ」というものが頭から離れなくなって撮影しました。
この写真を見返したがために、「ブティッ」がまた頭の中をぐるぐる回っています。

この滝の写真は、手持ちでシャッタースピード1/10秒で撮影したものです。
使用したボディのSONY a9IIに5.5段分の手振れ補正機能がついていますが、TAMRON 70-180mm F2.8 DiIII VXD自体の軽さがあってこその手持ちでシャッタースピードを遅くした撮影が可能でした。

サードパーティーレンズだとAF性能はどうなのかと気になるところですが、今回使用していて十分満足のいく性能を感じました。
この写真では、草むらにいたムクドリたちが急に飛び立ったところを撮影したのですが、AFでしっかりと写すことができました。

いかがだったでしょうか。
この軽量なレンズの中に信頼できる性能が詰まっていて、とても気持ちよく撮影ができました。
コストパフォーマンスが非常にいいレンズですので、予算を抑えつつ、いいレンズをお探しの方にぴったりだと思います。

ご覧いただきありがとうございました。


[ Category:SONY | 掲載日時:21年02月02日 12時08分 ]
+2

RECOMMEND

PAGE TOP