【マップカメラ情報】【Touch the GR】GRシリーズ早分かり!(デジタル編)

ただいまWEST2階では期間限定企画として
リコーGRシリーズの初代機から現行モデルまでを一堂に集め、
ご自由にお試し頂ける【Touch the GR】を実施しています!
null

GRの購入を考えているけど、どれを選んだらいいか分からない・・・
そんなお悩みをお持ちの方は是非WEST2階までお越し下さい!
きっとあなたにピッタリな愛機が見つかるはずです。

さて、前回のフィルム編に続きまして今回は歴代GRデジタル
違い、選ぶポイントを簡単にご紹介致します。

現行のⅣ型まですでに3度の改良が加えられてきたGRデジタルですが
具体的にはどう変わったのか。

まず、比較一覧がこちら。
null

先代のGR1v(フィルム)の発売が2001年。
それまで2~3年置きに後継機が発表され、GR1vの生産が終了した
のが2003年でしたので、この頃からファンはGRデジタルの登場を
期待を膨らませながら今か今かと心待ちにしていました。
そして初代GR DIGITALがついに発売されたのがそれから遅れること
約2年の2005年の10月。満を持してのデビューでした。

GR DIGITALはこのシリーズの最大の特徴であるコンパクトで携帯性に
とても優れた形状と抜群の描写力を誇るレンズを継承し、膨らみきった
期待に応えるに足る完成度で、今日まで続くGR人気の礎を築きました。

NIKONのFシリーズ然り、LeicaのMシリーズ然り、設計者の思想は
初代に最も色濃く宿ると考えれば、「GRデジタルもやはり初代(Ⅰ)がいい」
ということになりますが、デジタルカメラはそう単純ではありません。
画像の出来不出来を直接左右するレンズやセンサー、画像エンジンの
進化を抜きにカメラの良し悪しを語ることはできません。

レンズはⅠ・Ⅱが5.9mmF2.4(5群6枚)、Ⅲ・Ⅳが6.0mmF1.9(6群8枚)。
F1.9への大口径化のために後群に1群2枚のレンズ追加してそのままでは
増大する各種収差を見事に克服しています。
null
null

センサーはⅠが1/1.8型、Ⅱが1.75型、そしてⅢ・Ⅳで1/1.7型CCDへと
徐々に大型化し、画素数もⅠの813万からⅡ~Ⅳの約1000万画素
へと向上しています。画素数が増える際に問題となるダイナミックレンジ
(明暗の寛容度)も従来と同レベルを維持しています。

画像エンジンはⅠからⅣまでそれぞれに対応するように
GRエンジンからGRエンジンⅣまで進化を続け、高感度時のノイズの低減や
解像感の向上をその度に図っていて、確実に改良されてきていると
言えるでしょう。ⅣになってISO感度が3200まで上がっていること、
バルブ・タイム機能が追加されているのは、このエンジンに対する
メーカーの自信の現れとみることもできるでしょう。

こうしてみてくると、「やっぱり現行のⅣ型が一番いい」ということ
になりそうです。確かに改良機には当然ながら優位点が多いと思います。
しかし、それでは中古選びはつまらない。

本当に自分に必要な性能を持ち合わせているのはどれか?
必要な機能・性能があって最も手頃なものを買いたい!
ここが中古カメラの良いところ。

ⅠとⅡの違いを例にとると

デジタル水準器 Ⅰ無し Ⅱ有り
アスペクト比1:1 Ⅰ無し Ⅱ有り
内臓フラッシュポップアップ Ⅰ自動 Ⅱ手動
などなど

「水準器は使わず正方形の写真(1:1)も撮らない。フラッシュも自動の方が便利!」
という方には価格の安い初代がオススメかもしれません。
ただ、同様にⅢやⅣとも比較しなくてはならないからなかなか厄介。
でもこの悩ましさが面白いところ。
また、Ⅰで使用できるメモリーカードは今ではほとんど見かけなくなった
1GBまでのSDカードですので、古いSDカードをお持ちの方が
特にお求めやすい機種となっています。

また、一見して違いが分かるのが背面液晶の見え具合。
サイズとドット数の違いは使用感を変える大きなポイントだと思います。

null
上からⅠ~Ⅳの順です。
ⅢとⅣの液晶サイズは同じです。

ドット数もⅠとⅣとではかなり違う(約6倍)ので撮影した画像を
より綺麗に映し出すのは当然Ⅳ型です。問題はどこまで求めるかです。
参考までにと思い、比較写真を撮ってみましたがどうも写真では
分かりづらいので、ドット数の差は是非WEST2階でご確認下さい!

また、画像処理速度やAF駆動音など新旧で異なりますのでこれらも
ご自分でお試しいただき、是非お気に入りの1台を見つけてください。

GRについてのお問い合わせ・ご注文は
WEST2階(03-3342-3382)までお気軽にどうぞ!

インターネットからはコチラ
GR(デジタル)
GR(フィルム)

[ Category:etc. | 掲載日時:13年01月19日 20時35分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP