【カメラ関連ニュース】オリンパス

フラッグシップ機 E-3の“被写体を忠実に再現する基本性能=再現力”を基盤に、アートフィルターやライブビュー多重露出撮影など表現力のための機能を搭載した一眼レフデジタルカメラ「E-30」を2008年12月20日に発売。

OLYMPUS E-30

【主な内容】
・6種類のアートフィルターを搭載
・表現や目的に合わせて選択できるマルチアスペクト搭載
・ライブビュー&ファインダーで多重露出撮影を実現
・液晶モニターは2.7型のハイパークリスタルⅡ液晶を採用
・11点マルチエリアのハイスピードイメージャAFを搭載
・11点の測距点すべてにツインクロスセンサーを採用
・画像処理スピードの高速化を実現した1,230万画素の新開発ハイスピードLiveMOSセンサーを採用
・画像処理エンジンTruePicII+を搭載
・高性能ボディ内臓手ぶれ補正機能
・約5コマ/秒の高速連続撮影が可能
・ワイヤレスフラッシュと連動する内蔵フラッシュを搭載
・視野率約98%、倍率1.02倍と大きく見やすい光学ファインダーを実現
・SSWFによるダストリダクションシステム
・複数のメディアが使用可能なデュアルスロット設計
・白飛びと黒つぶれを抑える、シャドー・アジャストメント・テクノロジー(階調オート)を搭載
・2画像を左右に表示して撮影画像を拡大比較して見ることができるライトボックス表示が可能

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:08年11月05日 15時28分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP