StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
カメラがあるから夏が楽しい!〜RFマクロレンズ編〜

カメラがあるから夏が楽しい!〜RFマクロレンズ編〜

マップカメラの29周年創業祭も中盤に差し掛かります。
花火やお祭りなどのイベントが盛りだくさんの夏。
本ブログでは「コレがあるから夏がさらに楽しい!」というテーマをもとに、スタッフ一押しの夏の楽しみ方をご紹介いたします!

【マクロレンズがあるからもっと楽しい!】

肉眼では味わえない世界を楽しむことができるマクロレンズ。近接撮影はもちろんですが、楽しみはそれだけじゃない!とお伝えすべく、この度は3本のマクロレンズと水族館へ向かいました。
主役のマクロレンズはCanonのRF35mm F1.8 マクロ IS STM、RF85mm F2 マクロ IS STM、RF100mm F2.8 L マクロ IS USM、ボディはEOS R6 MarkⅡを使用しました。

RF35mm  F3.2  1/1250s  ISO6400

RF35mmで水槽に張り付いて撮影した一枚。画角に飛び込んできた魚をAIサーボAFがばっちりとらえてくれました。魚の鱗やエラがダイナミックに感じられます。

RF35mm  F1.8  1/8000s  ISO20000

館内は老若男女問わず多くの人で賑わっていました。ご老人はエイを、少女はサメを狙っています。

RF35mm  F2  1/1000s  ISO6400

緑が美しく撮れました。カエルの瞳でさえ瞳AFは素早く反応してくれます。このボケ感はマクロレンズならではのものです。

RF85mm  F2.8  1/320s  ISO6400

レンズをRF85mm F2 マクロ IS STMに変えてチンアナゴを撮影。タコ糸のように細い彼らには、中望遠〜望遠レンズが望ましいと感じました。

RF85mm  F2.8  1/250s  ISO25600

撮って?と言わんばかりに立ち止まってくれた魚。これは一種のポートレートなのではないでしょうか。

RF85mm  F14  1/115s  ISO12800

金魚の特設コーナーにて。水中のチリや金魚が吐き出したあぶくを、くっきり鮮明に写してくれます。

RF100mm  F10  1/1600s  ISO6400

屋外エリアでは、元気な子供のアシカ達がじゃれあっていました。アシカ達とは結構な距離があり、急いでRF100mm F2.8 L MACRO IS USMに。
激しくじゃれ合う姿と水しぶきを高速連写にて捉えました。

RF100mm  F3.2  1/800s  ISO20000

今回1番の小さな生き物。個人的なサイズ感は爪程でした。最大撮影倍率1.4倍のこのレンズだからこその1枚ではないでしょうか。

RF100mm  F3.2  1/1000s  ISO20000

人懐っこく愛くるしいアザラシは大人気。ガラス前にはたどり着けませんでしたが、ほっこりする瞬間を見つけられました。

今回ご紹介したRFマクロレンズの3本。ずっと片手で持っていても、驚く程の軽さで疲れを感じることはありませんでした。
お手持ちのレンズを増やしたい方、初めての単焦点をお探しの方、マクロレンズをお持ちでない方、多くの人にこの魅力が伝われば!と執筆に至りました。
メーカーや画角、機能でお悩みでしたら、是非マップカメラまで。この夏を楽しむ相棒をご一緒にお探しさせて頂きます。

夏の楽しみ方は十人十色。次回の更新もお楽しみに!

 

[ Category:Canon | 掲載日時:23年08月05日 11時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP