StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
カメラ達と、つながる

カメラ達と、つながる

2021年の夏、私たちMapCameraは27周年を迎えます。
これもひとえに、日頃ご愛顧いただいている皆様があってこそのこと、いつも本当にありがとうございます。
今年はマップカメラで働くスタッフ一人一人が、27周年にちなみ「○○と、つながる」というテーマでバトンを“(27)つな”ぐことに。

「屈指のカメラ好き」は数居れど、撮るもの、撮る目的は十人十色、否、百人百色とも言えるほどに多様であるはず。
夏休みを思い出すような思い出の毎日から、少しずつお時間を拝借いたしまして「カメラが人とモノを繋ぐ様」をご覧いただこうと思います。

ファインダー越しと表現される世界は隔たれているわけではなく「繋がっている」という事を実感していただけたのなら私たちも嬉しい限り。
個性派揃いの全45回、今夏のお供にどうぞ。

第6話 「カメラ達と、つながる」

皆様はご自宅にカメラは何台ございますか。
人によっては数台のカメラに10本近くのレンズをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
私自身は、カメラに関してとても飽き性で浮気性です。
その為、いつも一台まれに二台のカメラと2本のレンズ
大体標準ズームレンズと単焦点の1本ずつと、
とても少ない機材しか持っていません。
3・4年周期で他のカメラが魅力的に感じ手持ちのカメラを下取りして買うことがとても多く、
自室の棚の上にあるカメラは常に変わっていきます。

マップカメラに入社してから初めて購入したのが、
Canon EOS 60DとEF50mm F1.8IIの組み合わせ。

APS-Cセンサーの為35mm換算で80mm画角相当のレンズは、
購入した当時は使いづらく少し後悔もしましたが、
使用していく内にこの組み合わせとの付き合い方が分かり、
写真に対しての好奇心をさらに強くする切っ掛けの一台となりました。

その後、先述のカメラとレンズを下取りに出して「Canon PowerShot G1X Mark II」を購入しました。
理由としましては、とても単純で「ハイエンドのコンデジを使用してみたい」そう思い、
思い立ったが吉日」と言葉の通り発売日にEOS60DとEF50mm F1.8IIを下取りに出して購入しました。
実際使用しているとセンサーの違いによるボケ感の違いは感じましたが、それ以上にコンデジとは思えない画質の美しさに感動を憶え、
休日の際は常に持ち歩くようになりました。

G1X Mark IIは3年ぐらい使用していましたが、ずっとCanonばかり使用していたので、いつ頃からか「他のメーカーのカメラも使用したい」と思うようになり、
カメラの外観や写りにも以前から興味があった「PENTAX KPとDA★ 50-135mm F2.8ED SDM」を下取りで手にしました。
標準ズームレンズではなく望遠ズームを選択した理由としましてはG1X Mark IIの時に望遠側をメインで使っており、
広角側をあまり使用していなかったので、望遠メインで使用してみようかと思い望遠ズームの組み合わせにしました。


やはり、望遠レンズは私自身の性に合っており、とても使いやすく、
望遠ならではの被写界深度の浅さはとても魅力的です。

最初のころは買い替えるのに少し抵抗があり、愛着があるカメラを手放すことに葛藤がありました。
しかし、途中から「買い替える」という選択が次のカメラに引き合わせてくれる事だと感じ抵抗感が無くなりました。
それ以来「前のカメラがあるからこそ今のカメラがあり次がある」そう考えるようになり買い替えるのが楽しくなってきた今日この頃です。
さて、今回改めて私自身のカメラ遍歴について考えてみましたが、
とにかくバラバラで何も統一性がなくその時の感情で手にしている事が滲み出ています。
そしてそれはまるで私自身を映し出しているようです。

今までは望遠ばかり使用しているので今度は広角に挑戦してみようかと思います。

次はどんな「○○と、つながる」が登場するのでしょうか。

全45回、乞うご期待くださいませ。

[ Category:Canon PENTAX RICOH | 掲載日時:21年07月22日 15時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

指定商品にお買い替えなら買取見積額最大15%up! 欲しいを叶えるSALE

RECOMMEND

PAGE TOP