【カメラ関連ニュース】ソニー

世界初、裏面照射型CMOSセンサー「Exmore R」を搭載した薄型コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-TX1」を9月4日に発売すると発表

【主な内容】
世界初*1裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R(エクスモアアール)”を搭載。CMOSセンサーへの入射光を効率よく利用できる「裏面照射技術」を採用することで、感度が約2倍*2アップし、ノイズを約1/2に低減。これにより、夜景や室内などの暗いシーンでも、ノイズが少なく、なめらかで美しい写真を撮影する事が可能になった。本体の最薄部14.1mmのスリムな本体に高性能・高機能を凝縮させ、滑らかな曲線で構成されたスリム&スタイリッシュなデザインと先進のタッチパネルを採用。より直感的な操作を可能にした3.0型ワイド「クリアフォト液晶プラス」タッチパネルを搭載し、画面部の強度を従来比約2倍に向上させた強化ガラスを採用した。また、光学4倍ズームのカール ツァイス「バリオ・テッサー」を搭載、レンズの優れた描写性能で、シーンの空気感まで表現。さらに、光学4倍ズームで、遠くの被写体でも、その表情まで鮮明に高画質での撮影ができる。
*1…2009年8月6日発表時点、デジタルスチルカメラとして。
*2…同画素以上、同サイズの撮像素子搭載のソニー従来機種との比較。静止画撮影時。

・発売日…9月4日(金)
・有効画素数:1020万画素
・撮像素子:ソニー“Exmor R” CMOSセンサー、1/2.4型、総画素数1060万画素
・レンズ:カールツァイスレンズ バリオ・テッサー
・レンズ構成:10群12枚〈非球面レンズ4枚/プリズム1枚〉
・光学ズーム倍率、デジタルズーム倍率 :4倍(動画記録中光学ズーム対応)、プレシジョンデジタルズーム約8倍
・液晶モニター:16:9(ワイド)/3.0型、230,400ドット(TFT)/クリアフォト液晶プラス/タッチパネル
・記録メディア:内蔵メモリー(約11MB)、“メモリースティック デュオ”/“メモリースティック PRO デュオ”/“メモリースティック PRO-HG デュオ”
・外形寸法(幅×高さ×奥行):93.8×58.2×16.5mm(突起部含まず)
・質量(本体質量/撮影時質量)):約119g/約142g(バッテリーNP-BD1、“メモリースティック デュオ”を含む)
・カラー:シルバー、ゴールド、ピンク、ブルー、グレー

[ Category:SONY | 掲載日時:09年08月06日 14時15分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP