StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【タイムズフォト】ニコン AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gで撮る

Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G AF-S 50mm F1.4G 絞りF2

ニコン AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gで撮る

21世紀の50mmレンズ

今から約4年前に「ニコン AF-S ED 300mm F4DとAF 50mm F1.4D」と言う記事を書いたのだが、この記事を書いた翌年にAF-S NIKKOR 50mm F1.4Gが発売となった。

AF 50mm F1.4Dは、絞り開放時の描写の甘さがあったが新しいAF-S 50mm F1.4Gは、絞り開放からカッチリ写るレンズに仕上がっている。
4年前の記事には「もし、最新の設計で出た場合は、開放から解像感が高い今風のレンズで登場・・・なんて事になると実用的になりますが、写真としての味わいが薄くなってしまうかもしれませんね。」と書いたわけだが、果たしてどうなのだろうか。

今回は、ニコンのフォトフィニッシングソフトウェアCapture NX2を使い、演出として周辺減光やコントラスト、彩度を調整した写真を掲載する。 使用カメラはフルサイズ機のD700。

Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 単焦点レンズとはいえ、樽型の歪曲がある。Capture NX2の「自動ゆがみ補正」で解消できる。 絞りF2
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 50mmの画角は、なにをどう切り出すかが楽しい。 絞りF2
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 絞り込んでピントをずらすと、いつもと違った表現力を出す。 絞りF13
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 広角レンズの様な広がりはないが、違い距離感がつかめるような写真が撮れる。 絞りF13
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 独特のヌケの良さがある。 絞りF2
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 周辺減光はカメラ本体のヴィネットコントロールを標準にすればほぼ解消できる。写真によっては周辺減光が味となる。 絞りF2
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 若干ボケがうるさい印象。絞り羽根は旧タイプの7枚から9枚(円形絞り)となっている。 絞りF2
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 最短撮影距離付近、絞っているせいもあるのかボケの輪郭が大人しめとなった。 絞りF3.2
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 50mmの画角は、足し算も引き算も出来る曖昧な不自由さがある。 絞りF2.2
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 綺麗な丸ボケがあるが、枝部分の二線ボケ傾向が強い。 絞りF2.8
Nikon AF-S NIKKOR 50mm F/1.4G 絞りF5.6、F8の安定感は抜群だ。 絞りF8

AF-S 50mm F1.4Gは、併売されている旧タイプのAF 50mm F1.4Dとは明らかに違うキャラクターのレンズとなっている。円形絞りの採用や、ヌケの良さなどまさに21世紀のレンズの代表格と言っても良いだろう。開放F値F1.4からしっかり写るので、暗い場所でも使える安心感がある。

ただし、旧型の絞り開放時のピントの山も収差に埋まるようなキャラクターはなくなっている。これをよしとするかどうかは作品作りをするカメラマン次第だ。

Nikon AF-S 50mm F1.4G のショッピングはこちら

[ Category:Nikon | 掲載日時:11年04月08日 14時58分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP