【マップカメラ情報】最速!SanDisk Extreme DUCATI EDIONの速さはいかに!?

SanDisk Extreme DUCATI EDITION

SanDiskの最高速タイプのコンパクトフラッシュカード、Extreme DUCATI EDITION

その速さはどれほどの物なのか興味ありませんか?

今回はそのExtreme DUCATI EDITIONのレポートをお届けします!


SanDisk Extreme DUCATI EDITION とても、”コンパクト”フラッシュカードが入っているとは思えない、一際目立つ大きな深紅のパッケージ。

SanDisk Extreme DUCATI EDITION 同じSanDiskのUltra IIのパッケージと比較してみれば、その大きさ、厚さは歴然!

SanDisk Extreme DUCATI EDITION PCソフトでお馴染みの観音開きのギミックが仕込まれています。

SanDisk Extreme DUCATI EDITION 箱の中身は、こちら。プラケースには特殊加工が施されており、柔らかい質感に。コンパクトフラッシュカード本体と、ジッパー付きのケースと、保証書兼取扱説明書、RescuePROデラックスのCD-ROM。


前回、ニコン D3 レポート 【後編】で、 出来なかったUDMA対応のコンパクトフラッシュカードの書き込みテストを、今回行ってみました。

ちなみに前回のSanDiskのExtreme III 4GBの結果は・・・

・非圧縮RAW 12bit Extreme III 4GB 約20秒

・ロスレス圧縮 12bit Extreme III 2GB 約12秒

・ロスレス圧縮 12bit Extreme III 4GB 約10秒

でした。

Extreme IIIの結果を見る限り決して遅くはないのですが、Extreme DUCATI EDITIONでは驚愕の結果が出ました。

その前に・・・

■計測方法

シャッターボタンを押すと同時にストップウオッチをスタート。 RAWバッファ17コマ(14bit RAWは16コマ)撮り切って、D3本体のアクセスランプが消えるまでの時間を計測。

撮影後の画像再生はoff

それでは、結果発表です!

SanDisk Extreme DUCATI EDITION 4GB

■12bit RAW

・非圧縮RAW 約10秒

・ロスレス圧縮RAW 約6秒

■14bit RAW

・非圧縮RAW 約13秒

・ロスレス圧縮RAW 約7秒

Extreme IIIの約1/2の書き込み時間と言う驚愕のスコアを叩き出しました!!

ロスレス圧縮の場合は、ファイルサイズの小ささもあって書き込み時間は1秒以下!

高速連写で被写体を追い続ける撮影方法以外では、RAWバッファを使い切ることはほぼありません。

D3とDUCATI EDITIONの組み合わせは最強ですね、D3ユーザーにはお勧めです。

参考までに、UDMA非対応のデジタル一眼レフでは・・・

■D200

圧縮RAW 約23秒

■D2X

圧縮RAW 約26秒

(SanDisk Exteme III 4GBでは約27秒)

それ程、大きな効果は得られませんでしたが、将来的に見てもこの高性能なコンパクトフラッシュカードは持っておいて損はないと思います。

[ Category:etc. | 掲載日時:07年12月28日 22時30分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP