StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
銀塩写真列伝 Kodak T-MAX 100編

銀塩写真列伝 Kodak T-MAX 100編

皆様、フィルムはお好きでしょうか。

筆者はフィルム写真を始めたとき、このフィルムはどんな写りをするのだろう、と雑誌やネット記事等いろんなものを読み漁りました。
好みのものを見つけては試写し、前回使ったものとここが違うと一喜一憂したり、大変楽しかった覚えがあります。
「銀塩写真列伝」ではそんなフィルムに焦点を当て、各フィルムの特徴などを作例とともに紹介し、フィルム選びの助けとなることを目指しています。

9月18日から休暇を利用すれば最大9連休というシルバーウィーク。
フィルム入門の方も、すでにお使いの方も遠出や旅行ができない中ではありますが、
ゆったりとフィルムカメラで撮影した気分に浸っていただければ幸いです。
※今回掲載している写真は緊急事態宣言下での撮影は避け、スタッフが過去に撮り溜めたものとなります。

・・・

CONTAX T3

今回ご紹介するのは、Kodak T-MAX 100です。
ISO感度100の超微粒子フィルムで、高い解像度とシャープネスが魅力のフィルムです。
Kodakで現在発売されているモノクロフィルムは他にTRI-X400があります。
こちらはT-MAXと比較すると若干の粒状性があります。長らく生産されており数々の写真家に愛用され、また報道写真でも多く使われた歴史あるフィルムです。
今回ご紹介するT-MAXは、Kodakモノクロフィルムの技術を駆使しさらに細かな描写を求めて作られました。最高のモノクロフィルムを使用したい方におすすめです。

CONTAX T3

信号を待っている間に首都高とマンションを見上げて撮影しました。
素晴らしい切れ味の一枚です。
今回の写真では、『銀塩写真列伝 Lomography Color Negative 400編』でも使用したCONTAX T3を使用しています。
ちょうど撮影したタイミングで愛用しているフィルムカメラの整備や修理を行っていたため手元に残ったのがT3でした。
やっと手元に戻ってきた機材で改めて撮影したいフィルムです。
シャープな描写でT-MAXの高精細な写りによくマッチしています。

CONTAX T3

CONTAX T3

なんとも高精細な描写、車のツヤ感がきれいです。
ハイライトもしっかり残っており、十分な階調性能だと感じます。

CONTAX T3

植え込みに咲いていたマリーゴールド、小さい頃庭で育てていたことを思い出します。
線虫の防除効果があり作物の周りに植えられることもあるそうです。

CONTAX T3

こちらはパンジー、おそらく紫色だったと思います。
グレーの描写はコントラストが高すぎることもなく穏やかな雰囲気です

CONTAX T3

ガラスの反射がきれいな一枚。
シャープな描写でありつつも程よい透明感を感じます。
幾何学的な模様や規則正しく並んでいるものを見るとモノクロフィルムで撮影したくなります。

CONTAX T3

Kodak T-MAX100はモノクロ写真を極める方にぴったりのフィルムです。
白と黒のみで描き出す高精細な描写は、久しぶりにプリントして楽しんでみたいと感じさせてくれました。
初めてこのフィルムを使う方もきっとこの「モノクロの魔力」に魅入られてしまうことでしょう。
写真欲を高めてくれる最高のフィルム、ぜひ鞄へ一つ忍ばせてみてください。

↓今回使用したフィルムはこちら↓

↓フィルムの持ち歩きにはデザインがかわいらしいKodakのフィルムケースもおすすめです。↓

↓このフィルムにおススメのカメラはこちら↓

↓フィルムカメラを始める方には使い勝手の良いNikonの一眼レフもおすすめです。↓

↓新品で買えるフィルムカメラをお探しの方はこちら↓

↓カメラでデータ化するならこちらのセット↓

↓据え置き型のフィルムスキャナはこちら↓

[ Category:Carl Zeiss | 掲載日時:21年09月20日 19時25分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古HalloweenSALE 新品ハロウィンプレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP