StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
銀塩写真列伝 Lomography Color Negative 400編

銀塩写真列伝 Lomography Color Negative 400編

皆様、フィルムはお好きでしょうか。

筆者はフィルム写真を始めたとき、このフィルムはどんな写りをするのだろう、と雑誌やネット記事等いろんなものを読み漁りました。
好みのものを見つけては試写し、前回使ったものとここが違うと一喜一憂したり、大変楽しかった覚えがあります。
「銀塩写真列伝」ではそんなフィルムに焦点を当て、各フィルムの特徴などを作例とともに紹介し、フィルム選びの助けとなることを目指しています。

9月18日から休暇を利用すれば最大9連休というシルバーウィーク。
フィルム入門の方も、すでにお使いの方も遠出や旅行ができない中ではありますが、
ゆったりとフィルムカメラで撮影した気分に浸っていただければ幸いです。
※今回掲載している写真は緊急事態宣言下での撮影は避け、スタッフが過去に撮り溜めたものとなります。

・・・

 

CONTAX T3

今回ご紹介するのはLomography 400 Color Negative 400です。
コントラストが高く色が鮮やかに出るフィルムで寒色系の色味が好きな方におすすめのフィルムです。
Lomographyのフィルム3本パックは作例写真がパッケージに描かれており、手に取った時にイメージが掴みやすくなっています。
フィルムに力を入れているLomographyの心意気がうかがえます。

撮影はこの時手に入れたばかりのCONTAX T3でした。
ポケットサイズにもかかわらず圧倒的にシャープな写りで、手に入れてから少し経過した今でもかわらず使用しています。
既にカビが生えてしまっているのですが、雨が心配な日にも撮影のチャンスを逃すことなく持ち出せるのが良いです。

CONTAX T3

パキッとしたハイコントラストな一枚。
青味がかった緑がきれいです。
シャープな写りのCONTAX T3との相性も良くしっかりと写っています。
自宅付近の椿の生垣なのですが大きな花を咲かせるので毎年の楽しみとなっています

CONTAX T3

アイビーの仲間でしょうか、ツタが生い茂っていました。
こちらも緑がとても鮮やかです。

CONTAX T3

道一杯絨毯の様に散っていたサルスベリの花、ピンクが鮮やかに映えます。
ビビットな色を楽しみたいという時には選択肢の一つに入るフィルムだと思います。

CONTAX T3

前ボケの木をみるとかなり粒状感を感じます。
デジタルのノイズとはまた違ったザラザラ感がたまりません。
KodakのEktarやPORTRAなどは極めて良い粒状性を有しているため、ここまでのザラザラ感が出にくいのですが、こちらのフィルムはこのザラつきを味として楽しむことができます。
好きな方には刺さるポイントかもしれません。

CONTAX T3

サルスベリの花が再び登場、今の季節も咲いている姿を見ますが、ちょうど撮影していた頃も同じ季節だったのかと感慨深い気持ちになります。
他のフィルムと比較すると、高彩度なため白が飛んでしまいやすい点に注意が必要ですが、その分シャキッとした雰囲気が楽しめます。

CONTAX T3

日常的にも使いやすいISO400という感度で独特の青味が特徴のフィルムでした。
惜しまれつつ生産終了となったFUJIFILMのPRO400Hの面影をかすかに感じる素敵なフィルムです。
あの独特の青味が好きだった方にもおすすめです。
晴天下や海などを撮影しても最高かと思います。

また、3本パックでの販売となるため複数の種類をご友人とシェアするのも非常に楽しそうです。
夢が広がる三本パックの青いフィルム、ぜひお鞄へ1つどうぞ。

↓今回使用したフィルムはこちら↓

↓フィルムの持ち歩きにはデザインがかわいらしいKodakのフィルムケースもおすすめです。↓

↓こちらのフィルムにおススメのカメラはこちら↓

↓フィルムカメラを始める方には使い勝手の良いNikonの一眼レフもおすすめです。↓

↓新品で買えるフィルムカメラをお探しの方はこちら↓

↓カメラでデータ化するならこちらのセット↓

↓据え置き型のフィルムスキャナはこちら↓

[ Category:Carl Zeiss | 掲載日時:21年09月19日 19時25分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古HalloweenSALE 新品ハロウィンプレゼント

RECOMMEND

PAGE TOP