StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

Camera Technique Vol.1 for SONY

本館5階スタッフが、皆さまのちょっとした疑問にお答えする『Camera Technique』。

「SONY」のEマウントAマウント、「CONTAX」や、動画のあれこれ、本館5階アイテムの比較や操作のやり方、豆知識などを中心に長期的に連載していきたいと考えております。

 

初回は「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」と「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」についてとなります。

写真は、FE 100-400mmに「SONY 1.4x Teleconverter」をつけた状態です。

1.4のテレコンをつけると、おおよそ140-560mmとなり、F値は一段落ちますので、ほとんどFE200-600mmと変わらないスペックになります。

 

FE200-600mmはインナーフォーカス式なので、望遠側にしても全長は変わりません。(約318mm)

FE100-400mmは400mmにすると、全長が伸びます。(約205mmから約285mm)

その状態だと、やはりFE100-400mmが全長は短いです。が、そこにテレコン1.4(約33mm)を噛ますと、FE100-400mm全長伸びた状態+1.4テレコンで約318mmとなり、200-600mmと変わらなくなります。

 

重量はFE100-400mmは、約1395g。(三脚座別)

対してFE200-600mmは、約2115g。(三脚座別)

FE100-400mmにテレコン(約167g)をつけるとに約1562gとなります。

ですので、重量の差は約553g。持った感覚といたしましては、どちらも大きくは変わらない印象です。

 

では、AFの速さはどうでしょうか。

実際に使ってみた感想は、正直どちらも優秀ですので、大きくは変わらない印象がありました。

テレコンを噛ましても、大きくAFが劣らなかったです。

 

インナーフォーカス式FE200-600mmの方が、重量の重心は常に安定をしているので、使いやすい印象はありました。

ですが、FE100-400mmの方が、G Masterレンズでありますため、写りに定評があります。

焦点距離で考えると、FE200-600mmですが、FE100-400mmでテレコンを持ち歩き、距離を伸ばしたいときだけ使用する…なんて使い方もありだと思います。

 

次回も本館5階スタッフが、ちょっとした疑問点に対する答えをお送りいたします。

お楽しみに!

 





[ Category:SONY | 掲載日時:20年07月16日 12時00分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP