Camera Technique Vol.5 for SONY

本館5階スタッフが、皆さまのちょっとした疑問にお答えする『Camera Technique』

「SONY」のEマウントAマウント、「CONTAX」や、動画のあれこれ、本館5階アイテムの比較や操作のやり方、
豆知識などを中心に、長期的に連載していきたいと考えております。

 

 

今回ご紹介するのは、マニュアルフォーカスの強い味方!「ピーキング」機能です。

ミラーレスカメラで、いわゆる「オールドレンズ」を使い始めた!という方々から、

 

「ピントがどこにあっているのか、イマイチわかりづらい」

 

というご相談をよく受けます。

 

たしかに、ミラーレスカメラは電子ビューファインダーですから。ピントの山が見づらい時もあります。

そんな時には、「ピーキング」機能を使ってみると、ピント合わせがもっと正確になります!

「ピーキング」とは、ピントの合っている部分の輪郭を強調して、色をつける機能です。

メニュー内の「ピント補助」項目に「ピーキング設定」はあります。

設定できる項目は3つ。

・「ピーキング表示」→この項目で表示のする、しないを選ぶことができます。

・「ピーキングレベル」→ピーキングによる輪郭強調の程度を変えることが出来ます。設定を低・中・高から選べます。

・「ピーキング色」は表示色を選ぶことが出来ます。

 

 

では、実際に「ピーキング」機能を使用してみましょう。

これが「ピーキング」を非表示にした状態です。

手前から中間、奥へとピントを移動させます。

いかがでしょうか?ピント山の位置が把握しやすくなったと思います。

写真撮影時のピント合わせの補助にはもちろんのこと。

動画撮影時のマニュアルフォーカスも手助けしてくれます。

「ピーキング」を使って、ピント合わせをますます楽しみましょう!!

 

次回も本館5階スタッフが、ちょっとした疑問点に対する答えをお送りいたします。

お楽しみに!

 





[ Category:etc. | 掲載日時:20年07月31日 13時16分 ]
1+

NEW POST

MORE
PAGE TOP