StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Leica Q2 モノクローム~

マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力~Leica Q2 モノクローム~

「ニハチ」

カメラ業界でニハチと言えば28mmかF2.8を意味する言葉として使われています。
本ブログでは、マップカメラの28周年をニハチとかけ、マップカメラスタッフ一押しの「ニハチ」レンズを通し、「ニハチ」の魅力を皆様に紹介していきます。

毎日28mmかF2.8のどちらかが掲載されますので、お見逃しなく!!

本日ご紹介する「ニハチ」は…
『Leica Q2 モノクローム』です!


「Leica Q2 モノクローム」。
モノクロしか撮れない、のではなく、モノクロだけを撮る。
その姿勢からは何事にも揺らがない強靭な信念を感じます。

焦点距離28mmは癖のある画角なのかな、というのが最初の印象。
ですが、調べてみるとスマートフォンに搭載されているカメラの焦点距離が約28mmなのだとか。多くの人にとってなじみ深い画角というのも、あながち外れていないと思います。
今回はそんな「Leica Q2 モノクローム」を片手に稲毛海岸~海浜幕張を歩いて写真を撮ってきました。

海が見たいな、と思えば自宅から気楽に訪れることができたこの場所。
ですが近日中に引っ越しの予定があるので、今後は頻繁には訪れることはできません。
撮りおさめ・見おさめの気持ちでシャッターを切っていきます。

海と人工的な建築物が並んでいる光景はとてもお気に入りです。
28mmだと写る要素が多く散らかってしまうかと思いましたが、何とも自然におさまってくれました。
カンバスの上を流れる絵具のように漂う雲の描写もとても綺麗。
モノクロと言えば「RICOH GR IIIx」に搭載されているエッジの効いたハイコントラスト白黒が好きなのですが、「Leica Q2 モノクローム」はそれとは違い、優しく緻密で繊細な写りを堪能することができます。

釣りに関しては全く知識がありませんが、竿やルアーなどカメラと同じでこだわりが沢山詰まっていそうです。
それでいて技術や培ってきた経験がモノをいうのですから、好きな人にとってはたまらないのでしょう。
機会があれば日がなのんびりと魚釣りをしてみたいものです。


焦げ付くような暑い一日でした。遮るものがない場所では自分の影がこんなにもくっきりと。
季節柄なのか、夏休みに友人たちと夢中で外で遊びまわった時を思い出しました。
写真を撮るのも好きな遊びのひとつ。
あの時と比べて体は大きくなりましたが、好きな事に集中してのめりこむという性格は本質的に変わっていないようです。


幕張の浜近くにあるフットサルコート。
このコートができる前、この一帯には大きめの公園がありました。
手入れが滞っていたようで草木は茂り、施設内の遊具を飲み込んでしまうほど。
ですがその独特の雰囲気は味があり、まるで綺麗な廃墟のようでした。
その当時の写真は偶然にも安価なトイカメラにおさめていましたが、時折見返す度に当時の記憶が蘇ってきます。

今回撮ったモノクロ写真。
何年か経ったあとに見返したときには何を思うのか。
場所は何処なのか。何故モノクロで撮ったのか。季節はいつなのか。
様々な疑問符が重なり合い、解きほぐされたときには色鮮やかな思い出が脳裏に広がっているのだと思います。
光と影が織りなす世界は時を進めることで、色彩豊かな過去と対峙できるのではないか。
「Leica Q2 モノクローム」を使用してそのように感じました。

毎日更新中!この他の『マップカメラスタッフが語る「ニハチ」の魅力』はこちらからどうぞ
28人の28mm編F2.8編でお送りしております!少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

↓コミュレビ「28グランプリ」詳細はこちら↓

[ Category:Leica | 掲載日時:22年08月04日 11時33分 ]

マップカメラのおすすめイベント

創業祭 欲しいを応援SALE

RECOMMEND

PAGE TOP