StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
マップカメラスタッフの防湿庫大公開!vol.24

マップカメラスタッフの防湿庫大公開!vol.24

昨年公開し、ご好評をいただいた「マップカメラスタッフの防湿庫大公開!」というブログですが、今年も引き続き大公開いたします!

今回は昨年よりもボリュームアップ!
機材が増え新しく防湿庫を導入したスタッフや中身がガラッと変わったスタッフまで十人十色の内容となっています。
スタッフの間でも話題の防湿庫の中身、早速ご紹介いたしましょう。

【スタッフSの場合】

私はまだカメラ歴が浅いので防湿庫というレベルの物は所有しておりませんが、ドライボックスは2個所有しておりますのでそちらの紹介をさせていただければと思います。

使用しているドライボックスは「HAKUBA ドライボックスNEO 15Lスモーク(KMC-41)」と「HAKUBA ドライボックスNEO 9.5Lスモーク(KMC-40) 」になります。

最初は機材も少なかったので9.5Lの一つだけだったのですが、カメラは奥が深いですね。あれよあれよという間に機材が増えていき、ひとつでは収まらなくなってしまいました。

まず小さい「HAKUBA ドライボックスNEO 9.5Lスモーク(KMC-40) 」の方にはNikonの「COOLPIX P1000」とブロアーが2個入っています。

主に「月が撮りたい!」って思う時に愛用しているP1000ですが、コンデジとは言いづらい大きさですが、これ1台で様々な被写体を網羅することができる万能なカメラです。とても愛用しております。ブロアーはカメラをはじめたばかりの頃、100円ショップで見つけた青いモノを使っていましたが、なかなかホコリが取れなかったので、今は「BERGEON ブロアー No.4657」を購入して愛用しております。さすがベルジョンですね!ブロアーひとつでも全然違うことを痛感しました。

大きい「HAKUBA ドライボックスNEO 15Lスモーク(KMC-41)」には私のカメラと、奥さんのカメラとその他 細かいアクセサリーなどを収納しています。

まず私が愛用している「FUJIFILM X-T2」に「フジノン XF16-55mm F2.8 R LM WR」を装着したものと、奥さんが愛用している「FUJIFILM X-T20」に「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着したもの、さらにレンズが1個「フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」が入っています。それ以外にはダイビング用に購入した「Nikon COOLPIX W300 カムフラージュ」、野球観戦用に購入した「Nikon 双眼鏡 ACULON W10 10×21 カムフラージュ」、ちょっとした時に使える三脚「JOBY ゴリラポッド 1Kキット」、イルミネーションを取る時に使う「クロスフィルターのセット」となかなかのボリュームです。

しかし2つのドライボックスともまだ余裕があります。ボディもレンズもカビが生えて後悔するぐらいならコストパフォーマンスもいい「ドライボックス」は湿気の多いこの時期はマストアイテムじゃないでしょうか。

1枚目の画像を見てもらうとわかるのですが、自分は趣味でギターやベースを演奏しているので、これら楽器もとても湿度に弱いです(ネックが反ってしまいます)。自宅のクローゼットを1個楽器の倉庫にしているので、そこのハードケースの上にドライボックスも入れて管理しています。これで湿気対策はバッチリです!

 

▼カビ対策お済みですか!?梅雨から愛機を守る特集ページです▼

 

[ Category:FUJIFILM | 掲載日時:21年06月26日 11時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP