StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
SONYコーナースタッフが語るα7RIVの魅力【ポートレート編】

SONYコーナースタッフが語るα7RIVの魅力【ポートレート編】

2022年11月25日に大注目の高画素モデルSONY α7RVが新発売されました。
今までα7R・α7RII・α7RIIIをお使いだった方はもちろん、その他の機種をお使いの方は、「α7RVに買い替えようか…それとも値段が下がってお得に買えるようになった前モデルα7RIVにするか…」とお悩みの方も多いと思います。
そんななかマップタイムズでは、マップカメラ2階SONYコーナーのスタッフで前モデルα7RIVの魅力を連載形式で投稿していきます。どうしても新製品に注目しがちですが、実は前モデルにもたくさんの良いところが詰まっているので、その魅力を再発見できること違いなし!
すでにα7RVを購入済みの方は、当時α7RIVを手にしたときの気持ちを振り返って読んでいただけると嬉しいです。

各スタッフが撮影する被写体を決め、みなさんにお届けしていきます。
今回は【ポートレート編】でお送りします!

写真はすべてCarl Zeiss Batis 40mm F2 CFで撮影をしました。

α7RVではAIプロセッシングユニットが搭載され、後ろ向きの人物を捉えたりマスクやヘルメットなどで顔が見えないシーンでも人物の頭部を認識し続けられるようになりました。個人顔の識別性能も向上し、複数人の撮影でもあらかじめ登録しておいた顔を優先して認識してくれます。
ですが筆者は、きちんと顔が見える撮影がメイン&複数人の撮影は普段行わないためα7RIVのAF性能で十分満足できています。

続いて、トリミングした写真をご紹介します。

髪の毛の1本1本や肌はもちろん、服の素材感やお菓子のパッケージのツヤまでもを繊細に写していて、その場にいるかのような「立体感」「臨場感」が伝わってくるかのようです。広いダイナミックレンジにより、シャドウからハイライトまでなめらかに階調を再現できて、Batis 40mmのシャープな描写とも非常に相性が良いです。

正直トリミングをして、ここまで写し撮ってくれるとは思っていなかったので、撮影後にPCモニターでデータを見た時には感激でした。

さらにトリミングをしてみます。

いかがでしょうか。とても綺麗な画質が保たれています!
有効画素数6100万画素もあるのでトリミングをしても画質の劣化を感じさせず、さすが高画素機だなと実感させられます。
新品のα7RVとα7RIVの価格差は約11万円と、大きな差があります(2022年11月現在)
6100万画素はどちらの機種でも変わりないので、画素数重視の方はα7RIVでも問題なくお使いいただけます。

液晶モニター使用時の撮影可能枚数はα7RVが約530枚に対し、α7RIVは約660枚と、130枚ほど多く撮影できるようになっています。
ファインダーのみでなくモニターを使って撮影する頻度が多いユーザーとっては、とても嬉しい性能です。
そんな筆者もモニターを使って撮影する事があるので、バッテリーの減りを常に気にすることなく撮影に臨めました。

新製品α7RVを購入するか迷っている方もいらっしゃると思いますが、前モデルのα7RIVでも高画素機&高性能AFならではのクオリティの写真が撮影出来ます。筆者と同じくポートレート撮影メインの方にも、もってこいの機種です。
α7RVほどの性能は使う機会がない…ということでしたら、α7RIVも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
お値段も下がったので、お得にご購入いただけます。

次回もSONYコーナーのスタッフが、α7RIVの魅力をお届けしていきます。
お楽しみに!

[ Category:Carl Zeiss SONY | 掲載日時:22年11月27日 16時00分 ]


新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古今が買い時新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP