EOS 6D × Ai-S NIKKOR 50mm

2014年08月13日

Canon EOS6D + RAYQUAL-Adapter + Ai-S Nikkor 50mm/f1.2

CANON-EF BODY × Nikon-F LENS

Canon EOS 6D × Nikon Ai-S Nikkor 50mm/f1.2

35mmフルサイズセンサー搭載ボディとしては非常に軽量・小型な「Canon EOS 6D」。

「Nikon D600」とともに、~フルサイズのカメラは大きくて重たい~ という、それまでの固定概念を壊した画期的なカメラだ。

組み合わせるのはNikonの現行MFレンズ。「Ai-S Nikkor 50mm/f1.2」。ラインナップ中最も明るい開放1.2という数値が織り成すボケ感を、Nikonの一眼レフとはまた違った味付けのカメラで楽しみたいと思い、試写に訪れた。

Canon EOS6D + RAYQUAL-Adapter + Ai-S Nikkor 50mm/f1.2

Canon EOS6D + RAYQUAL-Adapter + Ai-S Nikkor 50mm/f1.2

日頃組み合わせているNikonボディでの描写が頭の四隅にあるからだろうか。慣れ親しんだレンズの筈なのに、あたかもまったく違う別のレンズを使っているような感覚に捉われていく。

Canon EOS6D + RAYQUAL-Adapter + Ai-S Nikkor 50mm/f1.2

やはり特筆すべきはこの被写界震度の浅さだろう。

ピントの合焦にはやや慣れも必要だが、そのボケ感には素直に感嘆してしまう。

コントラストは大人しい印象を持ったが、その落ち着いた描写が空気感をも写し出してくれているようで、穏やかな気持ちにさせてくれた。

Canon EOS6D + RAYQUAL-Adapter + Ai-S Nikkor 50mm/f1.2

数段絞って使えば、解像力も高まっていくとわかりつつ、ついつい開放付近で使いたくなる。それがこのレンズではないだろうか。

Canon EOS6D + RAYQUAL-Adapter + Ai-S Nikkor 50mm/f1.2

よく知るレンズをまったくの別物に変えてくれた今回の撮影は、非常に新鮮な気持ちで撮影が出来るため、密度の濃い時間があっという間に過ぎていった。

こうした新たな発見が無限に広がっているのも、マウントアダプターでの撮影の楽しみではないだろうか。

Photo by MAP CAMERA Staff

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP