OM-D E-M1 × LEICA Elmar L90mm

2014年12月05日

マウントアダプター

m4/3 BODY × LEICA-L LENS

ボディ:OLYMPUS OM-D E-M1

マウントアダプター:Kenko M Mount Adapter M-MICRO4/3

レンズ: LEICA Elmar L90mm F4

皆様は、Leicaのレンズと言うと何を思い浮かべるでしょうか。私は「Summicron」や「Summilux」です。ただ長くLeicaに親しんできた方にとってはこの「Elmar」こそが始まりでもあり、本質になるのかもしれません。

マウントアダプター

年月を経たレンズでありながら、現代のレンズにも劣らないシャープさとクリアな描写。豊かな階調。派手さはないかわりにとても素直な写りをします。また、このElmar 90mm/f4はMマウントではなく、スクリュータイプのLマウントです。その為、L/M変換のバヨネットリングを付けた上でライカM/マイクロフォーサーズのマウントアダプターに装着しています。

写りに全く古臭さを感じさせない造りはさすがLEICAというべきでしょうか。金属の質感描写も申し分ない写りです。画面の隅までしっかりと解像出来るのは、レンズの中心部、最も解像の高い部分を贅沢に使うマイクロフォーサーズならではのメリットです。

ライカのレンズを使っていて驚くのは、モノクロで撮影することによってカラーでは気づかなかった細かな違いが写真として現れる事です。モノクロ写真が愛されていた時代からレンズを作り続けてきたLeicaだからこその写りなのかもしれません。

逆光時のフレアで著しくコントラスト、シャープの低下が見られるのはオールドレンズにはよくありますが、このレンズではその傾向が顕著に見られました。ただ、解像度を求めすぎて、あえてその光を取り込んで写真を撮るという事を忘れてしまっていたことに気づかされました。短所として切ってしまうには勿体ない描写でもあると思います。このレンズのサイズ感がマイクロフォーサーズとはピッタリで、着けていて全く違和感を感じません。撮影者が覗いて見えた世界を真摯に写し出してくれるこのレンズ、良き相棒として活躍してくれることでしょう。

Photo By MAP CAMERA Staff

マウントアダプター マウントアダプター マウントアダプター

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP