SONY α7 × Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM

2016年12月17日

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用))

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100

SONY-E BODY × LEICA-M LENS

ボディ:SONY α7

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

前回のMountadapter Reportでは長瀞へと足を運びましたが、今回の撮影の舞台は箱根。そして、お供のレンズは『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』です。

撮影をしたのは11月中旬のこと。友人たちとの旅行で行ったのですが、紅葉のシーズンのためものすごい混み具合でした…。混んでいる中での撮影は少々苦手なのですが、周りがみんなカメラを持って撮影を楽しんでいる光景はとても良いものですね。

さて、まずはじめに向かったのはススキで有名な仙石高原。写真からも分かる通り山肌がいい感じに色づいています。もちろんススキも素晴らしく、見た瞬間に友人と一緒に声を上げて喜んでしまいました。

ブラックと比べて100gほど重くなるものの、見た目のカッコ良さに負けて今回は真鍮・クロームメッキ仕上げのシルバーモデルを装着していきました。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用))

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100

仙石高原に到着したのはお昼過ぎのこと。もうだいぶ日も短くなってきていて、この時間帯には西日が射しはじめていました。

西日+ススキほど最強の組み合わせはありません!日に照らされて黄金色に輝くススキの美しいこと。ウルトロンの逆光耐性にも惚れ惚れします。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用))

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100

左端にまるで虹のようなフレアが出ていますね。拡大してみると、フェンスに絡みつく細いクモの糸までしっかりとらえてくれています。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用))

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100

35mmという標準の焦点距離にはなりますが、アオリで撮影をするとご覧の通り広角レンズのように広がりを持たせた写真を撮ることも可能です。

さて、1日目の撮影はこれにておしまい。この後は宿でおいしくご飯を頂きました…。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用))

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100

ここからは2日目の写真です。冒頭から箱根饅頭で失礼いたします。

今回も前回と同様にクローズフォーカスアダプターを付けていったので、このようにぐっと寄った写真を撮ることができました。通常の最短撮影距離が50cmなので、その半分というと…約25cm!クローズフォーカスアダプターの可能性は無限大です。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100

今回の旅もとてもお天気に恵まれました。羽織るものがいらないくらいの暖かさ。絶好の撮影日和です。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F4 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100

2日目の行先は芦ノ湖。ウルトロンのヌケの良い写りが、よく晴れた青空をより際立たせてくれます。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100

冒頭でも書いた通り、撮影をしたのは11月の中旬。紅葉のシーズン真っ只中ということで芦ノ湖にもたくさんの観光客が押し寄せていました。

遊覧船は特に超満員だったので今回は乗ることを諦めてしまったのですが、日の光を受けた湖があまりにも綺麗だったのでしばらく芦ノ湖周辺を散策。ボートに打ち付ける水しぶきが美しいですね。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

ボディ:SONY α7 / レンズ:Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

マウントアダプター:Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター (ライカMレンズ/ソニーEボディ用)

絞り:F2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400

芦ノ湖周辺を散策した後は、お蕎麦を食べて小休憩。個人的に今回の旅のベストショットかもしれません…。とてもおいしそうに撮ることが出来ました!やっぱり好きなものを撮ると違いますね。

この後バスで箱根湯本駅へと戻り、後ろ髪を引かれる思いで箱根を後にしたのでした。

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

1951年頃発売された旧西ドイツ製のLマウントレンズ『NOKTON 50mm F1.5』の雰囲気を再現したとされる本レンズ。そのクラシカルな見た目は所有欲をそそります。クローズフォーカスアダプターを介して装着するとシマシマになって可愛いですね。

見た目はクラシカルですが、いざ撮影をしてみるとご覧いただいた通り絞り開放からコントラストが高くシャープな写りを魅せてくれます。

そのままライカMボディに装着しても良いのですが、最短撮影距離を半分に出来るというのはアダプターあってこその楽しみ方。撮影の可能性を広げることの出来る心強いアイテムなのです。

Photo by MAP CAMERA Staff

SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7 Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター) Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

1+

NEW POST

MORE
PAGE TOP