SONY α7R × CONTAX Distagon MM 18mm

2014年06月09日

SONY α7R + KIPON-Adapter + CONTAX Distagon MM 18mm/f4.0

SONY-E BODY × CONTAX RTS LENS

SONY α7R × Distagon MM 18mm/f4.0

今回ご紹介するのは、その小さな佇まいながらMMレンズとしては最広角となるDistagon 18mm。

その対を成すボディはα7R。焦点距離をそのまま活かし、従来のレンズ資産を有効活用できる人気ミラーレスと広角レンズという組み合わせならではのダイナミックな描写をお楽しみいただきたい。

SONY α7R + KIPON-Adapter + CONTAX Distagon MM 18mm/f4.0

SONY α7R + KIPON-Adapter + CONTAX Distagon MM 18mm/f4.0

広角レンズで撮影していて最も気になることの一つが、その画角ゆえの周辺部の歪みではないだろうか。しかしながら今回は、その歪みが殆ど気にならなかった。

直線を直線として表現してくれるので、安心して使うことが可能である。 当初思い描いていた不安はいとも簡単に払拭することが出来た。

SONY α7R + KIPON-Adapter + CONTAX Distagon MM 18mm/f4.0

SONY α7R + KIPON-Adapter + CONTAX Distagon MM 18mm/f4.0

撮影中時折、周囲の減光が気になる瞬間があった。こちらはその中の一枚である。味といえば味だが、こうしたポイントが気になる方も少なくないだろう。 気になる方は注意されたい。

個人的には気にはなるものの、使い道を選ぶことで解決は可能だと思っている。

SONY α7R + KIPON-Adapter + CONTAX Distagon MM 18mm/f4.0

今回このレンズを使ってみて最も気に入ったポイント、それは作り出す画の立体感だ。

その強烈なパースペクティブとも相まって、独特な存在感を発揮している。 日頃目にしている世界とは似て非なる不思議な世界感が、広角レンズならではの充足を与えてくれるので、撮影していて飽きない。

日頃中望遠を好む私だが「広角もまた、面白い。」そう心から実感させてくれる1本だった。

Photo by MAP CAMERA Staff

1+

NEW POST

MORE
PAGE TOP