マップカメラ鉄道倶楽部

マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12mm F2.0で 銚子電鉄を撮る

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12mm F2.0で 銚子電鉄を撮る


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 で銚子電鉄を撮る

7月22日、オリンパスから大口径広角単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」が発売されました。
待望のPENシリーズの第三世代「PEN E-P3」と一緒に発売されたこのレンズは、PENシリーズの金属外装にマッチする上品な仕上がりになっています。
クラシカルなデザインに金属外装...。ライカなどのレンジファインダー用レンズを想像しながら、持ってみるとその軽さに驚かされます。また12mmという超広角な画角も魅力的。マイクロフォーサーズ用の単焦点レンズとしては、フィッシュアイレンズを除くと最も広角寄りの画角で、今まではズームレンズでしかカバーできていなかった画角を、開放F値2.0の大口径で切り取ることが可能になったのです。
どんなボケ方をするのだろう…。
早速手持ちのカメラに取り付けて撮影に出掛けてみました。
向かった先は千葉県銚子市を走る「銚子電鉄」。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200)

前回、銚子電鉄に訪れたのは約1年半前。京王電鉄で使われなくなった昭和37年製の車両が四国へ渡り、その車両がまた関東に戻って来たという情報を聞きつけ、懐かしの車両を見に来ました。
当時はお色直し直後ということもあり、年代に似つかないピカピカの車両でしたが、海縁の銚子の潮風は僅か1年半で見事な貫禄を与えていました。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200)

運転台の窓から差し込む逆光の中、解放F2.0でも周辺までシャープな描写でとてもクリアな画像。 アナログな機器が多く残る昭和の運転台の質感もそのままに陰の出方も自然で、レンズ性能の高さを実感できました。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200)

途中駅の「本銚子(もとちょうし)駅」。本調子とも読めることから縁起を担ぐ意味で途中下車。ただ駅は見ての通りの寂しい景色。

中間駅である「笹上黒生(かさがみくろはえ)駅」では、単線の銚子電鉄の上り列車と下り列車の交換が行われます。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
左:OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200)
右:OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200)

そこで実現する2列車の横並び。双方とも同型車両ですが塗装が異なります。緑も白地に赤帯も、京王電鉄時代の復刻カラー。 大手流通グループの全面広告で完全復刻カラーとは言えませんが、懐かしいカラーの復活に感動です。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200)

新しい車両が導入されれば、使われなくなる車両が生まれるのは仕方のない事。 笹上黒生駅の片隅の茂みの中に廃車となった700系が置かれていました。解体されるのではなく、ただ傷んでいく姿を見ていると寂しい気分になります。

さらに先に進んで終点の「外川駅」に到着。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:160)

駅前から続く坂道を下ると、沢山の漁船が泊まる外川漁港にでます。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200)

人通りも商店も少ない静かな漁港町で手作り看板を発見。似たような路地の多い慣れない場所ではとても重宝します。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200)

本当に超広角レンズなのかと思わせる綺麗なボケは、さすが大口径単焦点レンズと言わざるを得ません。

再び駅に戻り、最後は車庫のある「仲ノ町駅」へ。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1250)

仲ノ町駅では別途入場券を購入すれば車庫の見学ができます。入場券の購入の為、出札口に向かうと脇に昔の記念切符などを飾るショーケースがありました。中には銚子電鉄の資料に紛れて、何故か京王電鉄の行き先表示板「府中競馬正門前」行きが飾られておりビックリです。最近の行先表示は大半が文字だけのLED表示で特徴が少なく、こういった馬の蹄をあしらったデザインを見ると 懐かしくても新鮮に映ります。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200)

車庫には銚子電鉄のマスコット的存在、大正生まれの電気機関車デキ3が停まっています。資金不足の為、法定検査が切れたままになっており、営業路線を走行することはできませんが、どの車両よりも綺麗に整備されているとは皮肉なものです。

鉄道写真には不向きかと思われた広角単焦点レンズでしたが、軽くて操作性の良いレンズはフットワーク良く動けるおかげで、不便さは一切感じませんでした。まさに画角と同じく、広い範囲で使える便利なレンズです。特に驚いたのは、歪みが少ない画質は周辺までシャープでクリアな事。これならトリミング次第でいろんな用途に使えるのではと このレンズの更なる広がりを感じました。

OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
左:OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:125)
右:OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200)
OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
左:OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200)
右:OLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200)
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0のショッピングはこちら





written by コリドラス
この記事のカテゴリーは『乗り鉄(旅/名物関連)』です | この記事は2011年08月01日現在の情報です。


2013年02月22日
東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅のすぐ先から地下へ潜るための工事が行われています。 渋谷は「谷」というだけあって凹んだ土地です。地...
この記事を面白いと思った人 270人
2013年02月04日
毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間で運転されます。 かつて利根川を利用した水運の街として賑わった佐原や銚子ですが、巨大アウトレットモー...
この記事を面白いと思った人 252人
2012年11月27日
千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと分かったらもう時間がありません。ラストランを迎える旧型車両を見に行ってきました。 久留里線で活躍し...
この記事を面白いと思った人 247人
2012年09月01日
青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線でしか見られなくなったキハ40系気動車。これに乗ると旅しているなという気分になります。 蟹田からさ...
この記事を面白いと思った人 238人
2012年08月27日
昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを目指し青森へ向かいました。 もちろん青森への足は東北新幹線の最新型E5系。 飛行機のファースト...
この記事を面白いと思った人 254人
マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12mm F2.0で 銚子電鉄を撮る

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号