マップカメラ鉄道倶楽部

マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > 動くクラシック列車 大井川鐵道の旅《本線編》

動くクラシック列車 大井川鐵道の旅《本線編》

鉄道倶楽部読者の皆様こんにちは。
鉄道は門外漢のヴィンテージカメラ担当です。

もはや家内の旅行ガイド本となっている、マンガ「鉄子の旅」。
その、第6巻に収録されている、「大井川鐵道編」で、「ダムに沈む道路」という不思議な光景が紹介されていますが、それをどうしても見たいと、家内に言われ続けて3ヶ月、ついに行ってまいりました、大井川鐵道へ。

大井川鐵道は、
東海道本線の金谷駅(静岡県島田市)から千頭(せんず)駅(静岡県榛原郡川根本町)に至る「本線」と、そのさらに奥にあるダムの建設資材運搬用として敷設された「南アルプスアプトライン(井川線)」との2つに分かれています。本線はそうでもないのですが、ほぼ観光用の路線となっている井川線の運行本数は、極端に少なく終電も早い。

東京から青春18キップを使って(つまり普通列車で)金谷まで行き、大井川鐵道を一日で全線堪能しようとすると、井川線では、次の列車がないので途中下車は1回しかできない。もちろん、朝は4時起床で、06:07東京駅発、東海道本線熱海行きに乗り、その後も普通列車を乗り継いでいかなければならないので、かなりの強行軍。

で、何とか10時ごろに、始発駅金谷に到着。
ななんと、大井川鐵道の金谷駅からは蒸気機関車が発車しているではないですか!あまり詳しく知らなかったのですが、大井川鐵道は蒸気機関車が運行されている路線としても、有名とのこと。写真を撮る間もなく、蒸気機関車は行ってしまいました。


鉄子の旅(6)
菊池 直恵 (著)
横見 浩彦 (著)
出版社:小学館
全駅乗り降り自由なフリーキップは、本線のみ発売。往復料金と変わらず、途中下車し放題で2日間有効。今の時期、全線フリーキップは発売されていないとのこと。要注意です。さすがSLはすでに満席。
ギョエーッ!なんだこの年代ものはっ!
帰ってから調べてみたら、昔、南海電気鉄道の高野線を走っていた21000系通称ズームカーとのこと。
その外観からの期待通り、乗り心地はかなりクラシックです。線路の所為か、車両の所為か、はっきり言ってかなりゆれます。そのゆれを吸収するのが、このフカフカシート。東京近郊の通勤電車よりも体感1.5倍はフカフカ。素晴らしい乗り心地です。
車窓には、夏の大井川の風景が広がります。見ているだけでさわやかです。クラシックな車両ですが、一応クーラーがついておりガンガンに効いています。
単線ですので反対に向かう電車とは駅で待ち合わせです、、、えっ?なんで近鉄電車が?これまた、帰ってから調べたら、往年の近鉄特急を買い入れワンマン運行できるように改造し営業しているとのこと。ちょっとびっくりしました。
今回の旅のもうひとつの目玉、塩郷駅の近くにあるつり橋です。ちょうどつり橋の真ん中で写真取っている人がいます。気持ちよさそうに見えるのですが、それも今のうち。後で真の恐怖を味わうことになるのです。。。
つり橋は帰りに寄ってみたのですが、一人渡れるのがやっとの幅しかありません。とにかく、ゆれるゆれる。思ったよりもぜんぜんゆれます。つり橋なんてめったに渡ったことありませんから、こんなにゆれるものとは。しかも、下が素通しで線路と水面がよく見えます。
つり橋から、塩郷駅に停車している16000系に向かってシャッターを切ってみましたが、橋のゆれがぜんぜんおさまらず、写真もブレまくりです。このときはさすがに手振れ補正レンズ Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)がほしいと思いました。
本線の終着駅、千頭駅に到着。ここからバスで寸又峡温泉に行かれる方が多いようです。
金谷駅で見た、例のSLが一足先に到着して、入替作業の真っ最中です。
蒸気機関車だけでは坂が厳しいところもあるとのこと。このクラシックな電気機関車は、補機として最後尾に接続され、使用されています。
ぴかぴかに磨き上げられたナンバープレート。
夏雲が、南アルプスの山々から、もくもくと湧き出しています。
駅には、これまたビンテージもののレールが展示してあります。SLといい、クラシカルな電気機関車や、第2の人生を送っている関西の電車たちといい、大井川鐵道って、「地元の人の足」に加えて「動く鉄道博物館」なんですね。
千頭駅では井川線に乗り換えします。ここからは、このかわいらしいトロッコ列車にのって、終点の井川駅まで行きます。全席窓が開放されており、さわやかな森林の風を浴びながら、さらに大井川をさかのぼり「ダムに沈む道路」を見に行きます。
大井川鐵道の旅
井川線編へ

つづく


Nikon D200AF-S DXズームニッコール ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)


written by マップカメラEC営業部(T)
この記事のカテゴリーは『乗り鉄(旅/名物関連)』です | この記事は2007年09月18日現在の情報です。


2013年02月22日
東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅のすぐ先から地下へ潜るための工事が行われています。 渋谷は「谷」というだけあって凹んだ土地です。地...
この記事を面白いと思った人 270人
2013年02月04日
毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間で運転されます。 かつて利根川を利用した水運の街として賑わった佐原や銚子ですが、巨大アウトレットモー...
この記事を面白いと思った人 252人
2012年11月27日
千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと分かったらもう時間がありません。ラストランを迎える旧型車両を見に行ってきました。 久留里線で活躍し...
この記事を面白いと思った人 247人
2012年09月01日
青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線でしか見られなくなったキハ40系気動車。これに乗ると旅しているなという気分になります。 蟹田からさ...
この記事を面白いと思った人 238人
2012年08月27日
昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを目指し青森へ向かいました。 もちろん青森への足は東北新幹線の最新型E5系。 飛行機のファースト...
この記事を面白いと思った人 254人
マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > 動くクラシック列車 大井川鐵道の旅《本線編》

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号