Select Language

さよなら新聞輸送列車

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2010年02月25日 14時53分]

3月13日。今年もJR各社の春のダイヤ改正の時期がやってきました。
毎年のように歴史ある優等列車が消えていく中で、今年も3月12日の出発をもって、上野と金沢を結ぶ寝台特急
「北陸」が消え、同区間を走る夜行急行「能登」も季節臨時列車扱いとなり定期運用から消えることになります。
昨年の寝台特急「富士・はやぶさ」の廃止の時と同様に、「北陸」も「能登」も最後の姿を見るために上野駅は
大混雑。チケットの入手も困難な状態になっているそうです。

そんな盛大な送別の中で、ひっそりと消えていく列車があります。それはJR総武線を走る新聞輸送列車。
その名のとおり、新聞を運ぶ荷物列車です。旅客列車では無いので一般の時刻表には載っておらず、沿線の一部
の人にしか知られていない地味な列車です。今回はその新聞輸送列車とのお別れに行ってきました。

新聞輸送列車は、都内の印刷所で刷られた夕刊を両国駅(東京都墨田区)から房総半島(千葉県)の各地まで
運びます。昔は総武線以外にも各方面で活躍していたそうですが、ほとんどがトラック輸送に変わってしまい、
今ではこの総武線と、上野駅から宇都宮方面と高崎方面に向かう各1本づつが残るだけとなってしまいました。
ただ宇都宮線と高崎線は最初から旅客列車に組み込まれているため、純粋に新聞輸送の専用列車と限定すれば、
総武線の両国~千葉(千葉から先は旅客列車に組み込まれます)が唯一の存在だったと言えます。
道路事情の悪い房総方面が最後まで残った訳ですが、東京湾横断道路のアクアラインの開通や高速道路の延長で
千葉県内の道路事情も徐々に改善。今後はトラック輸送にシフトし総武線での役目も終わることになります。

両国駅に運び込まれる夕刊各紙 乗車位置に運ばれる新聞
ちょうどお昼頃、夕刊各紙がトラックで両国駅に運び込まれました。(写真左)
目的地毎に乗せる場所が分かれているため、仕分けをしながら乗車位置まで新聞を移動します。(写真右)

そんな作業の中、新聞輸送列車がやってきました。
両国駅に入線する新聞輸送列車
両国駅3番線に入線する新聞輸送列車。
4年前に東海道線から姿を消し、都心ではすっかり見なくなった113系。
現在は活躍の場を千葉に移したものの、1日1回だけ新聞輸送列車として江戸川を越え都心に乗り入れます。

両国駅で新聞を積み込む新聞輸送列車
両国駅3番線ホームに停まる新聞輸送列車。
かつては房総半島各地へ向かう急行列車の専用ホームとして賑わった両国駅3番ホームも、急行列車の廃止後、
定期で使用する列車はこの新聞輸送列車のみ。この列車が無くなると3番線ホームも臨時列車を待つだけの寂しい
ホームに変わってしまいます。

両国駅での撮影後、千葉駅まで先回り。
千葉駅に入線する新聞輸送列車
千葉駅の外房線ホームに入線する新聞輸送列車。

新聞輸送列車は4両編成の車両を2組連結した8両編成で構成されています。
そして、ここ千葉駅で前4両と後4両を切り離し、九十九里側を廻る外房線と東京湾側を廻る内房線に別れ、それ
ぞれの目的地に新聞を配って行きます。
内房線と外房線の切り離し作業1 内房線と外房線の切り離し作業2
千葉駅での切り離し作業。

内房線へ廻る後4両は一旦、近くの信号所を経由して隣の内房線ホームへ移動します。
その間に外房線へ廻る前4両に新たに別の4両編成の車両を連結し、新聞輸送列車は8両編成の普通旅客列車
(内1両のみ荷物車扱い)に姿を変えます。
新聞列車に連結する外房線が到着

外房線と新聞輸送列車との連結作業1 外房線と新聞輸送列車との連結作業2
外房線ホームでの連結作業。

連結を終えた外房線が発車すると、隣ホームの内房線でも同様の連結作業が始まります。
外房線を見送りながら連結作業を待つ内房線
信号所に廻った新聞列車との連結を待つ内房線。

連結作業の間に、新聞を積んだ車両も覗いて見ました。
最後尾の新聞荷物車両 列車によって運ばれる新聞
荷物車扱いの最後尾の車両には一般乗客の誤乗が無いようドアには「荷物専用」の幕が掛けられています。(写真左)
新聞の束には行き先が書かれた紙が折り込まれていました。(写真右)
そして、連結を無事に終えた内房線も乗客と新聞を乗せ房総半島を下って行きました。
新聞を積んだ内房線の出発

今でこそ一般旅客車両を使った新聞輸送列車ですが、昔は郵便・荷物専用の車両が使われていたことを覚えてい
ます。ちょうど私が小学生の頃で、沿線にあった小学校の校庭から普通の車両と異なる異色の荷物車が見えると
昼休みの終わりの合図みたいなものでした。
大人になってあまり意識しなくなっていた新聞輸送列車でしたが、こうして廃止のニュースを聞き、改めて振り
返ってみるといろんな事が思い出されます。そしてその思い出の1つが消えていく事はなんとも寂しいものです。


使用機材:Nikon D700
     AF-S ED28-70mmF2.8D
     AF-S ED80-200mmF2.8D
     AF-S テレコンバーターTC-17EII

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2010年02月25日 14時53分]

面白いと思ったらコチラをClick!168票


Nikon V2 +VR10-30mmF3.5-5.6

生まれ変わる東急東横線[2013年02月22日]

東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅...
続きを読む
D4 +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

SL見たら手を振ろう[2013年02月04日]

毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間...
続きを読む
久留里駅で交換するキハ30形とキハ38形

国鉄気動車のラストラン[2012年11月27日]

千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと...
続きを読む
蟹田駅

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)[2012年09月01日]

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線...
続きを読む
東京駅に入線するE5系

夏休み逃避行その1(津軽海峡夏景色)[2012年08月27日]

昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを...
続きを読む