Select Language

開業間近の成田スカイアクセス

[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2010年06月05日 16時51分]
7月17日の「成田スカイアクセス」開業まであと約1ヶ月と迫りました。
線路はすでに完成しており、現在は走行試験と乗務員訓練の真っ最中との事。
前回の羽田空港アクセスに引き続き、今回は開業を間近に控えた成田空港へのアクセス路線を見学してきました。

「成田スカイアクセス」開業の目玉と言えば、何と言っても新型スカイライナーの登場です。
日暮里駅(東京都荒川区)から成田空港第2ビルまでを最高速度160kmで約36分で結ぶ高速特急列車は、デザイ
ナーの山本寛斎氏がデザインを手掛けた車両ということでも話題になりました。
新型スカイライナーの試運転
東松戸駅から北総鉄道に乗り換えるや否や、お目当ての新型スカイライナーに遭遇。
日本の伝統色である藍色をアレンジしたウインドブルーのカラーリングはとてもシャープに映り、新幹線にも似た
スピード感あふれる雰囲気が伝わってきます。ただ工事現場での走行試験の影響か砂埃にまみれており、せっかく
の御ニューな車両がもったいなく感じました。

新型スカイライナーの試運転が行われていることが確認できたので、まずは新しく延長された路線を見に現在の
終点「印旛日本医大前」駅(千葉県印西市)に向かいました。
松虫姫 高速進行信号機
印旛日本医大前駅には「松虫姫」というちょっとかわった副駅名がついています。(写真左)
ホーム先端には既に区間速度を示す標識があり「AE160(スカイライナー160km)」と表記されています。(写真右)
また駅の出発信号機は高速列車仕様の6灯式です。しばらくすると青信号が2つ点灯の高速進行(130km以上での
走行)表示に変わり、ものすごいスピードで新型スカイライナーは通り過ぎて行きました。

さすが新型車両という感じの静かな走行音でしたが、切り裂く風の量が半端ではなく、白線の内側にいても押し出
される感じがありました。駅での撮影には相当の注意が必要です。

駅を出て成田方面に少し足を伸ばしてみました。
新型スカイライナー
駅周辺から緑豊かな広い景色が広がるので、8両編成の全景もしっかり確認できます。

印旛日本医大前を出発した新型スカイライナー 新路線を走る新型スカイライナー
真新しい線路を走り抜ける新型スカイライナー(印旛日本医大前~成田湯川(新駅))

北総鉄道は西白井駅(千葉県白井市)辺りから堀割の中を進みますが新路線もその延長上にあり、景色を楽しめる
区間は少なそうです。

さて訪れた「印旛日本医大前」駅。上記写真の背景でも分かるように駅舎がとても特徴的な形をしています。
印旛日本医大前駅 ドーム
展望台らしきものもあるのですが、残念ながら登ることはできません。(写真左)
手前にあるドーム状の建物が改札口で内側から見上げると、白い天井は明るく広い印象を与えてくれました。(写真右)

再び東松戸駅に戻ると
新型スカイライナー
上りの試運転列車が到着。
通常の旅客列車の合間を縫って走るので、運転間隔の調整の為しばらく停車。

すると逆光の中、下りの試運転列車もやってきて…
逆光の新型スカイライナー

新型スカイライナー横並び
営業運転が始まったら見られない、通過駅での新型スカイライナー同士の横並びを見る事ができました。

せっかくなので、いろいろ観察を...
新型スカイライナー 新スカイライナーロゴ
正面から見ると、とてもスマートな印象のスカイライナーですが、角度を変えて見ると動物みたいな愛嬌のある
表情見せてくれます。(写真左)
そして車両側面にはスカイライナーのロゴマークが印刷されています。(写真右)
新型スカイライナーのデザインコンセプトが「風」と「凛」ということで、ロゴマークも毛筆デザインを用いて
「風」を表現しているとの事。確かに先ほど感じた高速走行で切り裂く風はまさに疾風という感じで、コンセプト
通りの素晴らしい仕上がりになっていました。

さあ、あと約1ヶ月。開業が楽しみです。

使用機材:Nikon D700
     AF-S ED17-35mmF2.8D
     AF-S ED80-200mmF2.8D
     AF-Sテレコンバーター TC-17EII


[ Category: 撮り鉄(車両/設備関連)|掲載日時:2010年06月05日 16時51分]

面白いと思ったらコチラをClick!139票


Nikon V2 +VR10-30mmF3.5-5.6

生まれ変わる東急東横線[2013年02月22日]

東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅...
続きを読む
D4 +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

SL見たら手を振ろう[2013年02月04日]

毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間...
続きを読む
久留里駅で交換するキハ30形とキハ38形

国鉄気動車のラストラン[2012年11月27日]

千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと...
続きを読む
蟹田駅

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)[2012年09月01日]

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線...
続きを読む
東京駅に入線するE5系

夏休み逃避行その1(津軽海峡夏景色)[2012年08月27日]

昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを...
続きを読む