Select Language



Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:400

Canon EF24-70mmF4L IS USM


先日人気の大口径ズームレンズ「EF24-70mm F2.8L IS USM」を10年ぶりにリニューアルしたキヤノンから、同じ焦点距離の新製品「EF24-70mm F4L IS USM」がリリースされました。
このニュースを最初に聞いたときは、なぜ同じ焦点距離のレンズを続けて出すのだろう?と疑問に思いましたが、さらに小型軽量化されたレンズを見て、なるほど「EOS 6D」にベストマッチなレンズだと納得しました。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:100


約25%も軽量化されたレンズはさらにフットワーク良く撮影をサポートしてくれます。
開放F値が4に抑えられたものの高感度に対応したデジタルカメラが主流の現在なら、光量が足りなくて困るということも少なく、軽量になった方の恩恵のが大きいのではとも思えます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:200


アクリルの椅子は透明感が強く、AFによるピント合わせを苦手とすることが多いのですが、最新カメラの優れたセンサーとの組み合わせなら素早く反応してくれます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:53mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:400


高いコントラストでシャープな描写は壁の質感や瓦の細かい模様もしっかり捉えています。道沿いに続く奥行き感やボケも美しく高い光学性能が伺えます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:70mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400


このレンズのもう1つの魅力、マクロ撮影機能も見逃せません。マクロ切替レバーを操作することによって、ズームリングが70mm側からさらにマクロ領域へ移行します。
スペック上最短撮影距離20cmとありますが、レンズ前面から被写体までのワーキングディスタンスは3〜4cmほど。コンパクトデジタルカメラかと思わせる驚異の接写能力は、ファインダー内に気を取られていると危うく被写体にぶつかりそうになります。フードがバンパー的な役割も果たしてくれました。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:45mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800


「EF100mm F2.8L マクロ IS USM」にしか搭載されていなかったハイブリッドISも搭載。2つのブレを同時に補正するマクロアシスト機能は室内での接写時などで威力を発揮してくれます。
標準ズームとは思えない驚愕の接写性能は、質感描写の素晴らしさに加え、美しいボケの中に芯のある力強い解像力で被写体をハッキリ浮かび上がらせてくれました。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:26mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:24mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:200


広角端でも歪みの少ない綺麗な直線を描いています。ガラス越しにも関わらず手前から奧まで素晴らしく解像しています。モヤのかかった曇り空の空気感はもちろん、師走の寒さも伝わってきます。


Canon EF24-70mmF4L IS USM 焦点距離:39mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200


撮影中に突然降りだした雨も、防塵・防滴性の高い構造でカバー。この軽くて小さなレンズによくもこれだけの高機能を詰め込んだものだと関心します。


Canon EF24-70mmF4L IS USM

今回は「EOS 5D Mark III」での撮影になりました。その小型軽量さから一見「EOS 6D」用と思われがちですが、Lレンズの名に恥じない優れた描写力と軽量ながら高級感ある質感でどのカメラにもベストマッチしします。
ボディを選ばず優れた性能を発揮する「EF24-70mm F4L IS USM」は撮影中はもちろん、撮影後の疲労感も軽くしてくれる魅力あるレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Canon EOS 5D Mark III +EF24-70mm F4L IS USM


Kasyapaトップへ戻る"


カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:158票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む
413:ポートレート撮影がもっと楽しくなる『SONY FE 85mm F1.8』 413:ポートレート撮影がもっと楽しくなる『SONY FE 85mm F1.8』 2017年03月26日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250/ 使用機材:SONY α7II ボディ + FE 85mm F1.8 今回のKasyapaでは、ソニーから新たに発売されたレンズ『SONY FE 85mm F1.8』をご紹介いたします。 ソニーEマウント用85mmと言えば『FE 85mm F1.4 GM』が真っ先に頭に浮かびますが、今回ご紹介するレンズはお値段がなんと『FE 85mm F1.4 GM』の3分の1以下というリーズナブルっぷり。昨年発売された『FE 50mm F1.8』と同じ位...
続きを読む
Panasonic GH5 412:目覚ましい進化を遂げた"GH"『Panasonic LUMIX GH5』 2017年03月21日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic GH5 + LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S 冒頭から少し失礼な言い方に聞こえてしまうかもしれませんが、『Panasonic GH5』が発表になった際、「あの動画に強いカメラ(GH4)がモデルチェンジするのか」というのが最初の印象でした。先代のGH4の登場で『4K動画が撮れる一眼カメラ』というイメージが定着し、それと共にカメラブランドとしてのパナソニックのイメージが向上したと感じ...
続きを読む
Panasonic LUMIX LX9 411:ライカレンズに4K Photo、パナソニックの魅力が詰まった『LUMIX LX9』 2017年03月20日
焦点距離:11.1mm(35mm換算:30mm)/ 絞り:F3.2 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:125 / 使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX9 寒い冬も終わり、街中でも春の彩りが目につく様になりました。昼休みのお散歩や、お買い物ついでに見つけた風景を1枚。そんな写真好きに最適なカメラがコンパクトデジタルカメラです。数あるラインアップの中から今回は、明るいライカレンズを搭載した人気モデル『Panasonic LUMIX DMC-LX9』を紹介いたします。 ハイエンドシリーズとし...
続きを読む
410:ペンタックスの魅力が凝縮された1台『PENTAX KP』 410:ペンタックスの魅力が凝縮された1台『PENTAX KP』 2017年03月17日
焦点距離:40mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100/ 使用機材:PENTAX KP ボディ + HD DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR 2017年2月、リコーイメージングから『PENTAX KP』が新たに登場しました。 防塵・防滴構造、K-1と同じ画像処理エンジン、リアル・レゾリューション・システム、ローパスセレクター、…そして、新イメージセンサーの搭載。ペンタックス最高峰の技術が詰め込まれたカメラといっても過言ではな...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |