Select Language



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:800 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III

TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III


今回ご紹介するのは『TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III』マイクロフォーサーズ用に作られた高倍率ズームレンズです。
35mm判画角換算で28-300mmという広角から望遠までこの1本でカバーできる本レンズは標準キットレンズかと思うほど大変コンパクトなサイズです。
同クラスの高倍率ズームレンズはオリンパス/パナソニックからも発売されていますが、タムロンと言えばこのジャンルでも高い評価を得ているメーカーであり、それ故にこの土俵に最後に上がってきた本レンズへの期待度が高まります。
操作性や描写力などいかなる実力を秘めたレンズなのか、早速試写へ向かいました。

TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III


1枚目、2枚目共に細かい直線が複雑に絡み合う写真。コントラストも高く、線の印象も少し太めでしっかり描写する傾向のレンズです。


TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:640 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III


少しこってりとした色を出すタムロンレンズの味付けは本レンズでも健在です。
生花ではないディスプレイなのですが、白色の花びらのトーンが美しく厚みが感じられます。


TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:500 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F4.1 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:800 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III
TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III

コンパクトな本レンズをボディに付けると換算300mmまで撮れるとは思えないくらいカメラシステムが小さくまとまります。
高倍率ズームというのは便利さばかり取り沙汰されがちですが、ヌケの良さ・コントラスト・色乗り・ボケ味・シャープネス、どれをとってもハイレベル。 タムロンレンズの魅力でもある『コッテリ感』もしっかりと感じられ、味わい深い写りをしてくれます。
続いて操作感ですが、今までの高倍率ズームは長く伸びる鏡胴が故、ロックをしていないと自重でレンズが伸びてくるという欠点がありました。 それが本レンズのズームリングはしっかりとトルクのある作り込みがされており、その心配を全く感じずに安心して使用することができました。 もちろんロックボタンが付いているのですが、撮影中のちょっとした移動なら不要かもしれません。

TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:250 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III


何気ない植物も一枚一枚の葉の質感と色の厚みが感じられる濃厚な描写です。


TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:800 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III


広角側は換算28mm相当。ビルが建ち並ぶ町並みをダイナミックに切り取ってくれます。


TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F4.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:250 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:640 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F4.1 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:800 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F5.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:800 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III


最大撮影倍率はズーム全域で1:3.8。望遠側で近寄れば簡易マクロのような使い方も可能です。


TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III 絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III



TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III

『TAMRON 14-150mm F3.5-5.8 Di III』は筆者にとっては久しぶりの高倍率ズームだったのですが、実際に使用してみてその進化に驚きました。 高倍率レンズの多くは胴が太くなり重く、描写よりも広いズーム域に特化したレンズです。そんな今までのイメージを本レンズは払拭させてくれました。
描写はコントラストが高く厚みのある色合いが特徴で、タムロンらしい鮮やかで美しい色の写真を撮ることができます。
小さくながらしっかりと作り込まれた本レンズはどんなシチュエーションにも対応し、撮りたい構図・瞬間を撮影することが可能です。
旅行や普段用に使用する方はもちろんですが、今まで高倍率ズームを使ったことがない、避けてきた方々に是非一度使ってもらいたいレンズです。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: TAMRON   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:104票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |