StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
928:軽快さと高画質の両立  『TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2 Z-mount』

928:軽快さと高画質の両立 『TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2 Z-mount』

2024年04月18日



 

2021年にソニーEマウント用として発売が開始され、人気のコンパクト大口径標準ズームレンズとして高い評価を得ている『TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2 Model A063』がニコンZマウントで登場しました。ニコンZマウント用は質量550g。ソニーEマウント用との違いは約10gだけで長さもmm単位の違いしかありません。長さ119.8mmとどんな場面でも持ち出ししやすいコンパクトさはそのまま、広角端での最短撮影距離0.18mによるワイドマクロ撮影も健在。絞り開放から2段絞り込んだ状態までほぼ円形の絞り形状を保ち、大口径ならではのボケ味やリニアモーターフォーカス機構VXDによる 高速・高精度AFで快適な撮影が可能です。2018年に発売されたファーストモデル「28-75mm F2.8 DiIII RXD」(Model A036)から定番の標準ズームレンズとして圧倒的な支持を得ている後継レンズで、28mmから75mmの美味しいズーム域が使えて軽量コンパクト。コストパフォーマンス抜群の標準ズームレンズ。Zマウントとの相性はどうか、さっそく撮影してまいりました。

 

焦点距離:28mm / 絞り:F10 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

チューリップ畑で一本背の高かった花をメインに撮影しました。前ボケの感じも一緒に見たかったので手前にも花を配置しました。F2.8なら広角端の開放絞りでも立体感のある画を見せてくれます。ピクチャースタイルは「スタンダード」ですが、元気で鮮やかな発色です。それでいて赤が破綻することなく色が出ているのも良いです。

 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

光にキラキラと透ける葉っぱを最短撮影距離で撮影。新緑のフレッシュさが伝わる透明感のある良い発色です。葉脈の細部までよく解像してくれています。最短撮影距離でもオートフォーカスが素早く捉えてくれるのでストレスなく撮影が出来ました。稀に小さなゴーストが発生しますが、撮影の意図を邪魔するほどのものでもなく逆光耐性も良好です。

 

焦点距離:50mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

標準域の開放絞りで画面中央の花をフォーカスしました。この面の撮り方でも立体感を出せるのかどうかを見たくて撮ってみたのですが、想像の一つ上をいく写りを見せてくれました。陽射しで透ける花びらもしっかり表現してくれています。開放絞りだと四隅の周辺減光や甘さが発生しますが、あえて真ん中に視線を集中させたいときや前後の距離間を出したいときにはむしろ好都合というかメリットになることもあります。F3.5くらいまで絞ればほぼ解消できるので明るいシチュエーションであれば好みで使い分けできる範囲です。

 

焦点距離:75mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

「Z8」のファームアップで追加されたモノクローム「ディープトーンモノクローム」。桜と青空のコントラストが非常に面白いことに気付きました。せっかくの青空と桜をモノクロで写すなんて、勿体ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが「ディープトーンモノクローム」の特性で青空が暗くなるため、桜の花びらが空にとても映えたのです。今回の撮影ではボディ内のヴィネットコントロールをオフにしています。花びらの動きを止めようとシャッタースピードを早めに設定したので、開放絞り+アンダー露出という条件もあり周辺減光がより目立ちました。気になる方はヴィネットコントロールで調整してみてください。個人的には撮りたい雰囲気によっては活用できる要素なのであまりネガティブな要素ではないかと思います。

 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

明るめの緑葉でも浮き上がりますがコントラスト比でいえばやはり桜のほうがすごいです。モノクロでも桜の美しさは変わりません。

 

焦点距離:47mm / 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

日を変えて室内で撮った写真をご覧ください。ホワイトバランスは自然光オートにして室内灯の色に影響させずにシンプルでシックな仕上がりに。窓からの光が強くなりすぎないのは曇天のメリットです。少し絞るだけで全体が引き締まりカーテンや壁紙の模様までしっかりと解像してくれました。

 

焦点距離:75mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

レンズに手振れ補正機構は搭載されていませんが、不安定な体制の撮影でもボディ内手振れ補正のおかげでブレなく撮影できました。望遠端開放絞りでこの精細な写り。光と影の描き方も色気があってとても好印象です。

 

焦点距離:75mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

明るい中望遠単焦点クラスのボケ感とはいきませんが、開放F2.8もあれば多少奥まった位置にピントを置いてもしっかりと被写体の存在を引き立てることが出来ます。

 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

 

焦点距離:75mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

暮れの傘立て。規則的に並ぶ被写体を望遠端で撮影したらどのように写るか。実際に撮影して驚いたのはピント面の解像感と立体感。単焦点レンズと比べても遜色のない写りです。ボケ味もソフトで煩さもなく、美しい円形のボケ味を実現しており筆者の好みのボケ味です。

 

焦点距離:63mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

日暮れ時の光を開放絞りで露出は明るめに、手前をボカすためにピントを中間域に置いて撮影しました。開放からとてもシャープに写るのですが柔らかい画づくりもしっかり出来るオールラウンダーなレンズです。

 

焦点距離:75mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z8 + TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2

 

 

 


 

軽快さと高画質の両立

目に留まった「良い」とか「好き」な画をその場でお好みの画角で切り撮れます。広角・標準・望遠。開放と絞り込んだときのカットなどをセレクトしていますが、その幕間で撮ったなんでもない瞬間のカットにお気に入りが見つかったりもします。F2.8通しの標準ズームレンズを付けっぱなしの一本としてカバンに入れておけるコンパクトさはやっぱりとても魅力的です。スナップに持っていくなら単焦点レンズが良いという方にもおススメ。なぜならこれだけよく写るのですから。ぜひ一度体験してみていただきたい一本です。

 
Photo by MAP CAMERA Staff
 
 

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP